1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 徹底解剖!Ploom techの構造は正にVAPEそのものだった!

徹底解剖!Ploom techの構造は正にVAPE(ベイプ)そのものだった!そしてiQosはガラパゴスになってしまうのか?

電子たばこ

以前2回にわたってVAPE(ベイプ)との違いをお伝えしてきたPloom techですが、iQosと同様にいまだに商品供給が十分ではなく、欲しくても買えない人が数多くいる状況が続いているようです。

お時間のある方は以前の記事も参照ください。

というわけで、話題のiQosとPloom techについてVAPE(ベイプ)との違いや仕組みなどを比較しながら検証してみました。

海外で急速に広まるニコチン入りリキッド需要

当サイトはニコチン入りリキッドをメインとする輸入代行サイト。イギリスからニコチン入りリキッドをお届けいたします。

Ploom techの構造にビックリ!!正にVAPE(ベイプ)そのものだった!!

まず注目したいのがPloom techの構造と成分です。JTの公式サイトには以下の様な記載がありました。

『プルーム・テック使用時に生じるたばこベイパーには、ニコチンなどのたばこ葉由来の成分のほか、グリセリン、プロピレン・グリコール、トリアセチン、水、香料が含まれます。なお、グリセリン、プロピレン・グリコール、トリアセチンは、液体の化合物で香料、化粧品、食品等に広く使用されております。』

(Ploom tech公式サイトから引用)

この内容、たばこ葉由来の成分(=ニコチン入りのたばこカプセル)を除くと正にVAPE(電子タバコ)リキッドと同じなのです!

そうなると、どうやって煙(たばこベイパー)を出しているのかが気になるところ、調べてみるとやはり分解したという人がおりました。その方の写真入りのブログを見てみると、なんと分解されたPloom techのカートリッジ中にコイルとリキッドにひたされたコットンらしきものがはっきりと写っていたのです。

充電したバッテリーによって熱せられた電熱線によってリキッドを蒸発させ、発生した水蒸気を吸引するスタイル、この仕組みは正にVAPE(ベイプ)そのものだったのです。

次にiQosを見てみましょう。

ここ最近は喫煙所などでも良く見かけるようになったというiQosですが、プルーム・テックのようなVAPE(電子タバコ)と同じような構造ではないようです。

iQosはヒートスティックと呼ばれるニコチン成分が含まれた煙草の葉で構成された、見た目は煙草が短くなったようなヒートスティックを専用のデバイスにセットして使用します。

ヒートスティックを入れる穴の奥には加熱ブレードという鋭くとがった金属のパーツがあり、それをヒートスティックに挿入して熱を加え、その熱によりヒートスティック内部が熱せられて水蒸気を発生させて吸引します。ヒートスティックの形状と吸い心地によって、非常に煙草に近いという評価を受けているようです。

また、プルーム・テック、iQosは、いずれもバッテリーを使っているので火は使わない構造なので、タールが出ない、煙草特有の臭い匂いがしないといった点をアピールしており、その点はVAPE(電子タバコ)と同じでした。

これほどの人気商品なのに、ユーザーの声は決して良いものばかりではない?

市場の枯渇感と比例してフリマサイトやフリマアプリなどで定価以上の金額で取引されているこれらの商品、最近はいたるところで利用している人を見かけるようになってきました。その分ユーザーも増えており、インターネットのブログ等で様々な使用感のレビューを見ることができます。

『まわりに嫌なにおいが無い』、『煙草に比べ害が少ないので体への負担が減る』、『煙草を吸うことの罪悪感が軽減される』といった肯定的なコメントが挙げられる中、否定的なコメントが非常に多いのもこれら商品の特徴ではないでしょうか?

使い方が分かり難いPloom tech、思わぬ事態を引き起こしている例も?

VAEP(電子タバコ)の場合、リキッド残量が一目見ただけで分かるのですが、Ploom techの場合見た目の変化が無いため、たばこカプセルの交換時期がわかりにくいという意見が多数出ているようです。Ploom techのたばこカプセルは1個につき50回吸引でき、50回吸い終わるとプルーム・テック先端のLEDランプが点滅して終了をお知らせしてくれるのですが、このお知らせランプが見えにくく非常に分かり難いのです。そのため交換時期を過ぎても吸い続けてしまい、たばこカプセル5個に対して1本付属されるカートリッジの利用限度を超えてしまい、結果としてカプセルの消費よりも先にカートリッジが使えなくなってしまうケースが出てしまうようです。

3商品

とにかく面倒くさいiQos、しかし使用感は煙草に近いと高評価!!

まずiQosを使う上で避けては通れないのが吸うまでの幾つかの段取り作業です。儀式と言いますか、お作法のような一連の手順を踏んでからじゃないと吸えないというiQosに対しては、面倒くさいという印象を持つ利用者が少なくないようです。

【iQosを吸う手順】

①メインチャージャーを1時間30分充電します。

②アイコス本体を差して充電します。

③アイコス専用たばこを差し込みます。

④アイコスの本体スイッチを5秒間長押しすると緑色のスイッチランプが点滅します。

⑤その後10秒で点滅から点灯に変わります。

~ここでやっと吸えます~

⑥吸っているとランプが緑から赤に変わったら、間もなく終わりの合図で、ランプが消灯したら終了です。

⑦本体ホルダーのキャップを上にスライドして、吸殻を取り除きます。

⑧次に吸うために再度充電をします

以上がiQosを吸う上で必要な手順ですが、慣れてくるとそこまで苦にはならないかもしれませんが、吸う本数が多い人や、せっかちな人には少しイライラとする作業かもしれません。

しかしながらiQosは、味については様々な意見が出ているようですが、使用時の面倒さとは裏腹に、ユーザーから吸った際の感覚が煙草に近いと高い評価も得ているようです。

VAPE(ベイプ)とは似て非なるPloom techと、独自路線のiQosを比較チェック!

様々な国で定着しつつあるVAPE(電子タバコ)だが、日本においてはまだ認知度が低く、Ploom tech、iQosと横並びの状態といえます。

VAPE(電子タバコ)が日本独自の文化に押されて後退するのか、はたまたプルーム・テック、iQosが日本特有のガラパゴスアイテムになっていくのか、今後の商品ラインナップの充実、手に入れやすさ、使い方の手軽さなどがポイントになっていくと予想されます。

それらを踏まえそれぞれの視点でアイテム比較してみましたので、是非参考にしてみて下さい。

尚、あくまでも個人的な感想をまとめたものです、予めご了承お願いします。

電子タバコ比較

初心者に最適なVAPE(ベイプ)スターターキットはコチラ