1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 【VAPE】深刻な精神疾患のある患者にもVAPE(ベイプ)での禁煙は効果 精神医学研究所

VAPEでの禁煙は精神的ストレスが軽減 精神医学研究所

深刻な精神疾患のある患者にも効果

Vape(ベイプ)が喫煙量を減らすための精神衛生問題に役立っているとメドスケープ(医療情報サイト)で新しい調査で発表されています。

キングズ・カレッジ・ロンドンとロンドン・サウスバンク大学での研究によると、「Vape(ベイプ)は、深刻な精神疾患のある患者の精神状態を悪化させることなく、喫煙量を減らしたり、禁煙するのに役立つことがあります。」という論文を出しました。

対象は深刻な精神衛生問題がある患者

深刻な精神衛生問題があると診断された18~70才の36人の参加者による研究で、使い捨てタイプのVape(ベイプ)が使われました。

6ヵ月以上にわたり、精神疾患のある患者に対して、紙タバコの代わりにVAPE(ベイプ)を進める研究を進めてきました。

結果、ほとんどの患者に精神的なストレスをよ与えずに喫煙を抑制できたとの結果が出ました。

キングズ・カレッジ・ロンドンによる研究

キングズ・カレッジ・ロンドンにある精神医学・心理学・神経科学研究所の研究主任であるローレン・ヒックリング氏は、 以前の使い捨てVape(ベイプ)がある程度選ばれていた理由として、「多くのユーザーがVapeに不慣れであり、使い捨てVape(ベイプ)は充電や補充をする必要がないので、 より簡単あった」ということを、メソスケープ医学ニュースで話しています。

煙草に縛られない精神衛生的な問題の解決

通常の人がVAPE(ベイプ)での節煙を試すとしても同じことが言えるでしょう。

つまりは全般的にストレスの少ない状態で禁煙サポートが出来るということが言えるでしょう。

調査結果はVape(ベイプ)コミュニティー側にとって驚く内容ではありません。タバコ規制で多くに支持される禁煙ですが、従来の喫煙から離れられ、精神衛生問題で人々の助けとなることができるでしょう。

煙草を吸っている人は、出かける前、禁煙場所、残りの本数、吸う場所、周りの環境、様々なストレスとなりうる要因があります。

それから縛られなくなることこそ、タバコを吸っているよりもはるかに人間味があるようにみえます。

  

Vape(ベイプ)カルチャーに関するニュース