1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 英国、Vape(ベイプ)製品売上1年で8億ポンド(約1232億円)に

英国人での、Vape(ベイプ)製品の売り上げが1年で8億ポンド(約1232億円)に

広がるVAPEショップの展開

Vape(ベイプ)ショップが2012年の340店舗だったが、数年たった現在1500店舗以上となり、Vape(ベイプ)の市場への浸透が本格化してきました。

エコノミスト誌の最近の記事では、Vape(ベイプ)のあらゆる側面を説明しようとしています。

2011年に5000万ポンド(約77億円)、2015年には8億ポンド(約1232億円)

調査会社であるEuromoniterからの情報に引用すると、エコノミスト誌では「英国人は、Vape(ベイプ)商品に対して、2011年に5000万ポンド(約77億円)使ったことに対し、

2015年には8億ポンド(約1232億円)を使ったと推定しています。一方、フランス人は2015年に2億9000万ポンド(約446億6000万円)使い、

ドイツ人は2億3000万ポンド(約354億2000万円)使ったと推定しています。アナリスト達は、Vape(ベイプ)が安いことや、

従来のタバコに対する重税により世界で最も高いタバコ代となっていることが背景としてあるので、

英国人がVape(ベイプ)に強い関心があると考えています。1日15から20本、従来のタバコを吸う方が、

Vape(ベイプ)に代えるとかなり安い費用で抑えることができます。

各国の使用率や流行によって違う判断のスピード

国によって、医療品として認知されている国もあれば、販売すら許可されている国もあります。

医療品として許可されているイギリスでは、VAPE(ベイプ)に関して歴史を持ち、一方、使用を許可されていない国は、VAPE(ベイプ)としての歴史が浅く、どんなものかの認識がされていないというのが現状のようです。

使用禁止の国でも、、商業輸入を禁止ではなく、ネットでの配達の個人的な輸入代行は影響を受けない国もあります。

お金の節減がキーとなり展開

エコノミスト誌では、なぜより多くのVape(ベイプ)ショップが、英国北部などのより貧困地域にあるのかということについて、お金の節減が関わっていると確信しています。

Vaper(ベイパー)達は、室内でVape(ベイプ)できるのでより暖かく(寒い北側の地域ではなお関係?)、

Vape(ベイプ)は、タバコを止めるつもりでなくても、思いもよらず止められる方向に導くことができます。

タバコ製品指令が実際支持していくのか

独立Vape(ベイプ)産業の記事の興味深い部分は、大手タバコ会社に対する言及で、どのようにタバコ製品指令が実際支持していくのかということです。

「来月から実施されるEU規制では、Vape(ベイプ)でのニコチン量が制限され、より子供にとって安全になっていきます。

新しい体制は大手タバコ会社が市場へ進出するのを促すべきで、余計なお役所仕事に対処するのにふさわしい立場です。

現在のテクニカラー作品によりうんざりしている喫煙者を引き付けるため、より簡単でより洗練された製品に至ることができました。

喫煙者の家族にとってはよい知らせで、税金額と財務省にとっては悪い知らせです。」と書かれています。