1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 【VAPE】世界各国のVAPE(ベイプ)に対する規制

世界各国のVAPE(ベイプ)に対する規制

グローバルな法的位置

国によって電子タバコ(VAPE ベイプ)の規制は様々です。現在、タバコ製品もしくは医薬品として扱われている国もある中、使用禁止の国もあります。

いま、国際的な問題として、VAPE(ベイプ)がたびたび注目されることが多くなってきました。

米国では、健康上有害ではないかという指摘がある中で、従来の煙草をやめるきっかけになっているというメリットもある。

煙草との有害物質を比べると、違いは一目瞭然なのだが、いったいどこに判断基準を持ってくればよいか。

それは、使用方法や、青少年に与える影響などに判断基準があるようだ。

使用の規制がかかっている国

世界の半分以上が電子タバコ(VAPE ベイプ)を入手できる国に住んでいる。2017年には100億ドル市場になるとの予測だ。

電子タバコ(VAPE ベイプ)が低所得者の若年層に喫煙を増やすための手段になりうるとして懸念を上げている。

ブラジル、ウルグアイやシンガポールなどでは禁止されている。消費者が使用する製品と判断するか、規制物質や医薬品としての判断をするかが難しく、規制が妨げられているようだ。

イギリスでは、20人に1人が電子タバコ(VAPE ベイプ)を吸っている。また、そのほとんどが喫煙者もしくは元喫煙者で、喫煙をやめるのに使用しているという報告がある。

各国の使用率や流行によって違う判断のスピード

国によって、医療品として認知されている国もあれば、販売すら許可されている国もあります。

医療品として許可されているイギリスでは、VAPE(ベイプ)に関して歴史を持ち、一方、使用を許可されていない国は、VAPE(ベイプ)としての歴史が浅く、どんなものかの認識がされていないというのが現状のようです。

使用禁止の国でも、、商業輸入を禁止ではなく、ネットでの配達の個人的な輸入代行は影響を受けませんない国もあります。

使用許可の国とそうでない国

全般的な許可の国

中国、チェコ、エストニア、ドイツ、イスラエル、イタリア、韓国、ラトビア、オランダ、ロシア、タジキスタン、ウクライナ、イギリス、アメリカ

ニコチンゼロでの販売許可など、部分的に許可

オーストラリア、ベルギー、カナダ-、デンマーク、フランス、フィンランド、ギリシア、香港、日本、モーリシャス、ノルウェー、南アフリカ、スウェーデン、スイス

ニコチンの販売や、ニコチン量での規制などはあるが多くの国では販売・使用が許可されている。許可されていない国もあるが、新しいVAPE(ベイプ)という製品をしっかりと見極めるという判断の最中なのであろう。