1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. Vape(ベイプ)ショップによって促進されるスコットランドの大通り

Vape(ベイプ)ショップによって促進されるスコットランドの大通り

前年比はショッピングセンターとオンライン販売に負けていますが、これはスコットランドの苦境に立つ大通りにとって吉報です。

金融サービス会社であるPwCの報告によると、2015年に開店したVape(ベイプ)ショップ数は75%増えましたが、一部の専門家は単に最近のVape(ベイプ)人気による短期的な増加と主張しています。

Vape(ベイプ)という「新しい産業」によって活気がもたらされる

FSBスコットランドの広報責任者であるコリン・ボーランド氏は、「少数の小売業者が文字通り閉店しているという事実は、朗報でなければなりません。Vape(ベイプ)することがあなたのためであるか否かを問わず、オンライン販売だけでの展開よりも、新しい産業が大通りに店舗展開することは励みになります。」と言いました。

PwCスコットランドの事業復興責任者であるブルース・カートライト氏は、「ブランターノ・フットウェア(Brantano Footwear)は顕著な例外だが、少数の目立った撤退はありました。」と言いました。

「これらの多くは、小規模経営であったり、フランチャイズだったりしますが、来店客に対しVape(ベイプ)の種類をレクチャーしたり、Vape(ベイプ)に対しての適切なアドバイスを提供するので、(影響の大小はあれど)いくらかの進展が見えます。」

Vape(ベイプ)専門店は、喫煙からVapeに切りかえ、Vape(ベイプ)r数をふくらませる極めて重要な役割を演じています。
Vape(ベイプ)専門店では、初Vaper(ベイパー)としてスタート切るということに重要な存在で、実際手で触れることができたり、Vape(ベイプ)を続けるための正しいデバイスへ導くことができ、お金の節約にもなるといった対面アドバイスも受けることができます。