1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 「イギリスでは1年間で90万人の喫煙者がVape(ベイプ)に切りかえた」との調査結果

「イギリスでは1年間で90万人の喫煙者がVape(ベイプ)に切りかえた」との調査結果

イギリスで行われた最近の調査では、禁煙のためや喫煙本数を減らすため、約90万人の喫煙者がVape(ベイプ)を使っていることが明らかになりました。

医療的に、禁煙治療のためVape(ベイプ)を用いるイギリス

最近の調査では、禁煙のためや、喫煙本数を減らすため、約90万人の喫煙者がVape(ベイプ)を使っていることが明らかになりました。

Vape(ベイプ)は、NRT(ニコチン置換療法)と行動支援を優先して使われました。 数値的には、英国において、900万人の成人喫煙者のうち28%となります。

「Vape(ベイプ)は、Vape(ベイプ)が無ければ止めなかった多くの喫煙者を禁煙に導いたと言えます。」と、研究チームのリーダーであるロバート・ウエスト教授は言いました。

「Vape(ベイプ)が喫煙へ導く働きをするという主張」は「誤解」

ウエスト教授はさらに、Vape(ベイプ)を利用した際の喫煙への影響について「喫煙者が本数を減らすためだけにVape(ベイプ)を利用するならば、禁煙するという土台を崩し、喫煙へ導く働きをするという主張が一部の公衆衛生研究者によってありました。 この主張は、現段階で示すことができる証拠の誤解から生じています。」と明言し、「Vape(ベイプ)体験が喫煙へ導く」といった主張は誤解であると明言しています。

「Vape(ベイプ)には、喫煙に関わる死亡率を減らす可能性があります」

さらに、ロンドンのクイーンメアリー大学のタバコ依存研究部ディレクターであるピーター・ハイェク教授は、「Vape(ベイプ)には、喫煙に関わる死亡率を減らす可能性があり、多くの喫煙者は喫煙からVape(ベイプ)への転換に成功しています。」とコメントしました。

既報のとおりイギリスでは国を挙げて喫煙問題に取り組む姿勢を見せており、少し前には英国のキャメロン首相が自らの禁煙体験を語った際に、Vape(ベイプ)は有効な手段であるということを明言し、「VAPE(ベイプ)は喫煙習慣をやめる手助けをする妥当な方法である」とも発言しています。

形状や習慣から従来のタバコと比較され、同一視されることが多いVape(ベイプ)ではありますが、こういった評価や検証結果が徐々に集まりつつある昨今ですから、近い将来には感情のみでなく、冷静かつ正しい取り扱いの判断を受ける存在になるやもしれません。