1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 煙草からVape(ベイプ)に変え呼吸器障害の好転が確認される

煙草からVape(ベイプ)に変えたことによって呼吸器障害の好転が確認される

米国家族医療ニュースで公表された最近の調査では、Vape(ベイプ)に変えた喫煙者の小さなグループにて、Vape(ベイプ)によるぜんそくの改善が確認できたという発表がありました。
参加者が18人だけの小さい調査グループでしたが、1年にわたって行われ、結果は統計的に意味のあるものでした。

「Vape(ベイプ)はたばこによる影響を受けやすい人々にとって、従来のたばこの代わりとなり、より安全なものです。」

米国アレルギー・ぜんそく・免疫学会の年次総会でクリスティーナ・ラッソ博士は、次のように述べています。

「Vape(ベイプ)の使用によって、ぜんそく喫煙者にみられる自覚的なぜんそくや呼吸生理学は改善します。Vape(ベイプ)はたばこによる影響を受けやすい人々にとって、従来のたばこの代わりとなり、より安全なものです。」

ラッソ博士は調査結果を受け、ぜんそく喫煙者がもし禁煙するための伝統的禁煙方法を使用したくないなら、煙草からVape(ベイプ)に代えるように提案しています。

「Vape(ベイプ)に切りかえた6ヶ月後と12ヶ月後の双方にて、持続性増悪は半減しました。」

米国家族医療は以下のように書いています。

「協調点:強制呼気流量の中間(25%-75%)が、2.75L/秒から3.11L/秒に増加するという臨床的に重要な改善と大きな変化が見られた。自己申告している従来の喫煙患者は、Vape(ベイプ)開始前には1日平均21.9本を吸っていたが、半年のVape(ベイプ)使用で1日平均5本となり、1年で1日平均3.9本まで減りました。」

「一般にグループ間で、入院に至るぜんそく増悪の持続性に著しい変化は見られませんでした。しかし、Vape(ベイプ)開始前の6ヶ月間、2つかそれ以上の増悪がある6人の持続性増悪者の間では、Vape(ベイプ)に切りかえた6ヶ月後と12ヶ月後の双方にて、持続性増悪は半減しました。」

禁煙補助としてのVape(ベイプ)の役割が世界的に認知され始めている

今年に入って、イギリスでは政府から正式に認可を受け、禁煙補助として患者に処方することが認められたニュースが話題になったことは、記憶に新しいと思います。

各国でVape(ベイプ)についての様々な実証・実験が進められていますが、従来のタバコの代替としてだけでなく、喫煙習慣の改善にも踏み込んだ調査が成熟していったときには、Vape(ベイプ)はもっと私たちの身近な存在となっていることは間違いないでしょう。