1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 「Vape(ベイプ)蒸気に有毒作用はない」、英BAT社が最新の研究結果を発表

「Vape(ベイプ)蒸気に有毒作用はない」、英BAT社が最新の研究結果を発表

最近の研究において、科学者は、Vape(ベイプ)蒸気による人間の肺で見つかる細胞に有毒作用はないことを発見しました。 ブリティシュ・アメリカン・タバコ社(BAT)により資金援助があった斬新な研究では、Vape(ベイプ)のニコチン蒸気を吸入することは、通常の生活内で呼吸することと同じくらい安全であることを示唆しました。

Vape(ベイプ)蒸気を吸うことによる被害は「空気を吸うことと似ている」レベル

これらの実験を行うため、タバコ業界のガリバー企業は人間細胞モデルのメーカーで、「試験管内」の室内実験を用いるMatTek社と協力しました。科学者は、タバコの煙と2種類の異なるブランドのVape(ベイプ)と通常の空気を比べるため、肺細胞複製を持つ喫煙ロボットを使いました。

実験中、従来のタバコの煙に曝された細胞は6時間後に死亡。ところが、Vape(ベイプ)蒸気を「積極的に、連続的に」曝した細胞については、気道組織に対する被害は「空気を吸うことと似ている」レベルであったと発表の中で研究者は主張しています。

ブリティシュ・アメリカン・タバコ社の広報担当者であるマリーナ・マーフィー博士は、「喫煙ロボットと呼吸組織を使う研究室ベースのテストをすることで、この実演が可能となった。この研究で使われたVape(ベイプ)噴霧器は、人間の気道組織に害はありません。」と述べました。

この研究結果を確実に証明するため、今後は幅広い種類のVape(ベイプ)で実験する必要があります。
ブリティシュ・アメリカン・タバコ社の科学製品管理グループの代表であるマリーナ・トラニ氏は「現在、基準となるVape(ベイプ)噴霧器の試験管内実験はありません。」と話し、「我々のプロトコル(手順)は、指針を進歩させる過程に非常に役立つことを証明できました。」と、大きな成果を挙げた実験の「第一歩」を評しています。

Vape(ベイプ)の安全性の検証論議「最近の研究結果は更なる証拠」

Vape(ベイプ)の安全に関する議論は、数年に渡り荒れていました。健康リスクを強調している検討もありますが、多くの専門家は『Vape(ベイプ)は、喫煙と比べると非常に安全である』ことに賛同しています。
その一人であるボストン大学の公衆衛生学部の地域保健科学科の教授であるマイケル・シーゲル博士は、Vape(ベイプ)の安全証明をしている今回の最近研究を「研究の制限があるにもかかわらず、Vape(ベイプ)が喫煙よりも安全であるという主張を支持するため、最近の研究結果は更なる証拠となります」と述べ、歓迎しました。

シーゲル博士は、公衆衛生機関と反喫煙グループに対して喫煙者をVape(ベイプ)に変更させるよう勧めています。「ニコチン市場を変えて、巨大な公衆衛生の勝利を成し遂げてください。」と言い、「そのような現象は、我々の生涯において最大の公衆衛生偉業となるでしょう。」と続けて言っています。

その主張に反し、衛生専門家は『液体ニコチンを加熱し過ぎると危険な毒素がつくられる』と警告しました。個人的には、加熱し過ぎたVape(ベイプ)リキッドはひどい味がするので、その理由一つだけとっても避けるべきだと思います。Vape(ベイプ)蒸気が危険な化学物質を含んでいたとの内容ですが、それは間違っていて、実は液体ニコチンを加熱し過ぎたことによる、使い方の問題であったという研究結果をVape(ベイプ)擁護団体は主張しました。

「今回の実証は非常に上質なもの」Vape(ベイプ)の安全性証明へ大きな一歩

Vape(ベイプ)産業事業者団体の科学部門責任者であるトム・プルエン氏は、最新の研究が正確であったことに満足したと述べました。「研究のもととなる多くが問題となっているのは確かですが、近年、タバコ産業によって実施された科学は非常に上質なものです。歴史的な問題がありますが、研究で実施されたことで、より疑念が無くなります。」と、彼は言いました。

プルエン氏はさらに「結果は予想外ではありません。Vape(ベイプ)噴霧器の成分は毒性が低いことが見込まれるだけではなく、多くの分析研究に基づいており、この研究は過去の研究と概ね一致します。」と付け加え、今回の研究結果によって得られた成果について評価をしました。