1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. スウェーデンの最高行政裁判所、VAPE(ベイプ 電子タバコ)の販売を禁止する訴えを却下する

スウェーデンの最高行政裁判所、VAPE(ベイプ 電子タバコ)の販売を禁止する訴えを却下する

スウェーデンの最高行政裁判所は先月、「国家薬剤期間が電子タバコの販売を禁止することができる」という以前の判断を覆し、これが話題となっています。

スウェーデンでは以前から、電子タバコ(VAPE ベイプ)を配布したい企業は国の医療製品庁からの承認スタンプを必要としており、いわば認可制としてVAPEの販売を取り扱っていました。
しかし先月、最高行政裁判所は「電子タバコ(VAPE ベイプ)は医療品に当たらず、医療製品庁の認可は必要ない」といった判断を下し、今までの判決を覆す事態となっています。

現在まで認可制だったVAPE(ベイプ)販売を、裁判所が覆した理由とは?

裁判所の判決文には「(電子タバコ(VAPE ベイプ)を)医療製品とするためには、それが防止または疾患を治療し、したがって、人間の健康に有益な効果を提供する能力を持っている必要がある」とあり、さらに電子タバコについては「タバコやニコチン中毒の消費量を削減するために使用することができる方法についての指示が含まれていない」との判断により、今回の判決に至った経緯を述べています。

電子タバコ(VAPE ベイプ)はニコチンや人工香料を含有する液体をバッテリで加熱し蒸気を楽しむデバイスですが、その蒸気が従来のタバコのように「煙」が吐き出されるように見えてしまうため、扱いが混同されてしまうケースも。

しかし、ここ数年、健康の専門家たちの中で「厳密に規制されていないVAPE機器が本当に安全であるかどうか」といった議論が数多く生まれています。
VAPE(ベイプ)はニコチンを含まない液体で使用することができますが、粗悪品のVAPE(ベイプ)機器に関しての安全性、またVAPE(ベイプ)によって10代の若者が紙巻たばこに興味をそそられる可能性を指摘しています。

発展途上であるVAPE(ベイプ)業界、今後の体制づくりなどに期待がかかる

どんな商品でもそうですが、間違った使い方や、粗悪品を使えば、その安全性は保障できません。
VAPE(ベイプ)は禁煙補助に役立てられていることや、タールやそのほかの有害物質が少なく、副流煙などもないことが知れ渡れば、各国の検査機関がVAPE(ベイプ)の正しい判断をしていってくれることでしょう。

昨今、VAPE(ベイプ)に関する規制が欧州全域で、急速に広く変化しています。
正しい認識と、正しい使い方の重要性を改めて問われる議論は、今後も続いてゆくでしょう。