1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 「VAPE(ベイプ)は、有害物質をほぼ放出しない」との研究結果が公表

「VAPE(ベイプ)は、以前に考えられていたよりも有害物質を放出しない」との研究結果が公表される

化学物質の吸引をしたくないVaper(ベイパー)達にとってよい知らせです。 調整毒物学と薬理学で発表された調査によれば、Vape(ベイプ)は、以前考えられていたほどのホルムアルデヒドは放出せず、従来のタバコより非常に低いレベルを放出する傾向があります。

今回発表された研究結果は去年ニューイングランド・ジャーナル・オヴ・メディシン紙で発表された『Vape(ベイプ)蒸気中にホルムアルデヒドが危険なほど高い濃度が含まれることについて』の反論となる研究でした。 この研究結果はVape(ベイプ)から放出されるホルムアルデヒド(発がん物質)の濃度を測定するためにしたテスト内容で、Vape(ベイプ)機器を最も高温となる場合で設定したとき、ホルムアルデヒドが従来のタバコと比べ5倍の数値となったと結論し、Vapers(ベイパー)が従来の喫煙者より15倍もガンの危険性であるという内容を報告しています。

多くの科学者はこの内容に不快感を持ち、方法論と結論に欠点を見つけました。 40人以上の研究者と専門家は、この内容を引っ込めるよう訴えました。

危険性を示す数値を生み出した実証環境が、実際のVAPING(ベイピング)とかい離しているという疑念

多くの科学者はこの内容に不快感を持ち、方法論と結論に欠点を見つけました。 40人以上の研究者と専門家は、この内容を引っ込めるよう訴えました。

批判の一部は研究者がVape(ベイプ)機器を非常に高圧レベルに設定したときのみにホルムアルデヒドが放出されたということでした。Vape(ベイプ)機器が速く熱っせられると、リキッドが十分に浸透せず、乾いた状態となり、不快な味となります。 Vaper(ベイパー)はそのような空焚きのことを、「ドライパフ(乾いた一服)」または「ドライヒット(乾いたヒット)」と呼び、空焚きを避けようとします。 (ヒット後、のどから感じる風味を記述すると、それを「焼けた髪のような味」と言っています。)

もう一つの批判は、1種類だけのVape(ベイプ)機器をテストすることで、全ての装置も同じ括りにしたことでした。

「『電子タバコ』という語が1つだけではないので、色々な関係をみる必要があります。」と、ペンシルバニア州立大学の化学教授で、新しい研究の共著者であるカート・キストラー氏は言いました。 「Vape(ベイプ)は、巨大な種類の装置、パワー設定、ワット制御、電圧制御と温度調節が含まれます。」 文章を書くより、キストラー氏は調査結果を再現することができたかどうか見るために同じ実験をすることに決めました。そして、それの結果は2月に発表されました。

キストラー氏が再現した、危険性の高い数値を生み出すVAPE(ベイプ)実証環境の「カラクリ」

5台の異なるVape装置にて、3つの異なるアルデヒドの分析するために、キストラー氏は、エンタルピー分析(Vape(ベイプ)リキットのテストに集中するノースカロライナの研究室)の研究チームと協力し、研究者と働きました。

グリセロールとプロピレングリコール(Vape(ベイプ)内主要成分)の混合物が熱されるとき、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒドとアクロレインが放出されることが知られています。 これらの化学物質は、従来のタバコによって作られる不快な放出物のリストの一部です。 ホルムアルデヒドは発がん性物質と考えられ、アセトアルデヒドは発がんの可能性がある物質と考えられます。そして、アクロレインは肺の損傷を引き起こすことがあり得ます。 勿論これらの物質は、定期的に吸入していたいものでありません。

キストラー氏と彼のチームはこの調査によって、Vape(ベイプ)装置と使われるパワーにより、放出されるレベルが広く異なることを発見しました。しかし、大部分のレベルが喫煙者が吸入よりも下であることがわかりました。 最も高いパワーで設定したものでさえ、5台の装置のうちの3台は、1日につきそれぞれ1㎎未満のホルムアルデヒド、アセトアルデヒドとアクロレインの放出となっています。

対照として、1日で1パック(20本)、従来のタバコを吸う喫煙者は、1.5~2.5mgのホルムアルデヒド、10~30mgのアセトアルデヒドと1.5~3mgのアクロレインを放出します。 それらの3種のVape(ベイプ)によって放出されるレベルは、職業安全衛生管理局によって記されている、化学物質のための限度をかなり下回っています。

ドライパフ(乾燥一服)状態の実験によって、「VAPE」(「ベイプ」)が有害であると結論付けた可能性が


上図:調整毒物学と薬理学

その他の2台の装置のうちの1台は、最も高いパワーで設定したところ、ホルムアルデヒドとアセトアルデヒドの高い濃度を放出し、テストを通して合成物の両方が一貫して高い濃度となりました。 実際、場合によっては20倍より高い数値と同じくらいで、1台の装置は、従来のタバコより高いレベルを一貫して放出していました。

研究者には、その数値が事実である場合の理由としての理論がありました。コイル(熱をVapeリキッドに伝える装置の部分)はアトマイザー内のすべてのリキッドが無くなると過熱状態になります。そして、ドライパフ(乾燥一服)の状態となりました。 以前の調査では、過熱したコイル付きのVape(ベイプ)機器が高いアルデヒドを放出することを示しました。 研究後、研究者はコイルが焦げた結果だと分かりました。なぜ焦げたのか分かりませんが、彼らの理論を裏付けます。 しかし、ドライパフ(乾燥一服)は、どんなVaper(ベイパー)でもそのレベルでVape(ベイプ)装置を使うことがありそうもないくらいひどいですが、Vaper(ベイパー)の可能性を指摘することは重要です。

「ドライパフ(乾燥一服)は有害です。」と、キストラー氏は言いました。 「鼻を火傷し、のどを火傷し、とても不快なものです。 Vaper(ベイパー)は、ドライパフを、座って吸入することはありません。 Vaper(ベイパー)は、ドライパフをするなら、完全に電源を切ることでしょう。」

もちろん、5台の装置は、広いVape産業の全てではありません。多くのVape機器モデル、カスタム化とリキッドのような数値に変化を与える要素があり、それぞれ違った放出量となります(研究者はこの研究において味なしの液体を使いました)。 キストラー氏は、多くのやるべき仕事があると認めたが、Vape(ベイプ)の健康リスクを調査するとき、Vaper(ベイパー)の習慣と装置変動性の関係を含む必要性を確立させたいと言いました。

「我々は、基準値を得たく、早期の研究が最終的な結論ではなかったという情報を与えたいです。」と、キストラー氏は言いました。