1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. イギリスを中心にVAPE(ベイプ)を取り巻く環境が変わる!

イギリスを中心にVAPE(ベイプ)を取り巻く環境が変わる!

VAPE(ベイプ)の市場規模は1兆円規模に!これから続々VAPE(ベイプ)の波がタバコユーザーに

世界の電子タバコ(ベイプ)の市場規模は1兆円に届く勢いと言われており、VAPE(ベイプ)先進国のイギリスのVAPE(ベイプ)ユーザーは200万人以上にも達しているそうです。
さらにイギリスのVAPE(ベイプ)ユーザーの約3分の1が元々喫煙者だったことが分かっており、紙煙草メーカーも注目し始めている市場となっています。

日本では電子タバコ(ベイプ)の有害性が定期的に話題になっていますが、イギリスの保健省が発表した『VAPE(ベイプ)は紙煙草よりも95%有害性が低い』や、『VAPE(ベイプ)が禁煙補助具としてイギリス政府から正式に認可を受け、禁煙治療中の患者に処方されることが可能に』というニュースによって、VAPE(ペイプ)の有用性を認める動きが今後大いに広がる可能性があります。

海外では「吸えるスマホ」こと、電子タバコ内蔵のAndroidスマートフォン「Jupiter」が発売され話題になっていますが、今後も様々な新製品や新サービス、取り巻く環境やルール、法整備が進むことにより、VAPE(ベイプ)がより生活に溶け込んでいくことは間違いないでしょう。