1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. ベルギーに関してのVAPE(ベイプ)への意識の変化

ベルギーに関してのVAPE(ベイプ)への意識の変化

VAPE(ベイプ)保守国のひとつベルギーでも市民権取得の兆しが

ベルギーはVAPE(ベイプ)に関して非常に厳しい法律がありました。
ですが、先日フィリップ国王は電子タバコを合法化する勅令に署名しました。

ベルギーの保健審議会は、現在の規制はたばこを阻止しようとする政府の努力の一環であって電子タバコ(VAPE ベイプ)と紙巻きたばこは別の問題ととらえており、直接的な関係はないとする動きが目立っています。
また、電子タバコ(VAPE ベイプ)はニコチンを含んでいてもよいとして、付加税が課税されても合法化することに前向きな意見も多く挙がっています。

大学の研究グループが『禁断症状の緩和に効果あり』との報告も

VAPE(ベイプ)に対して保守的であったベルギーですが、その一方でベルギー国内のルーヴェン・カトリック大学の研究グループが『VAPE(ベイプ)は禁断症状の緩和に効果あり』との報告も発表されており、VAPE(ベイプ)の扱いが変わってきているようです。

2014年に発行された公共保健の国際誌「インターナショナル・ジャーナル・オブ・エンバイロンメンタル・リサーチ&パブリック・ヘルス」の中で、禁煙の意思を持っていない48人を対象とした調査にて「電子たばこは普通のたばこと同様に禁断症状を緩和したうえ、呼気中一酸化炭素は増加しなかった」ことを発表しています。

従来のタバコの扱いから脱却しつつあるVAPE(ベイプ)の今後

現在のベルギーでは、電子タバコ(VAPE ベイプ)は紙巻タバコと同じ警告や広告基準を満たさなければならない事や、ベルギーのVAPE(ベイプ)、VAPING(ベイピング)製品を購入する場合、16歳以上でなければなりません。
また、合わせてVAPE(ベイプ)のオンライン販売が禁止されているといった現状です。

いまイギリスをはじめアジア各国でVAPE(ベイプ)、VAPING(ベイピング)に関してタバコとは全く違う成分であることを踏まえ、VAPE(ベイプ)への認識が変わりつつあります。
人体への影響がほとんどないという結果が、販売規制の緩和や法的に認められつつあります。

ベルギーをはじめ、世界各国でVAPE(ベイプ)ブームが起こる日もそう遠くはないかもしれません。

Vape(ベイプ)カルチャーに関するニュース