1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 英国キャメロン首相がVAPE(ベイプ)を支持

英国キャメロン首相がVAPE(ベイプ)を支持

キャメロン首相「VAPE(ベイプ)は、この国の健康を改善する妥当な方法」

「VAPE(ベイプ)は、我々一人一人の健康とこの国の健康を改善する妥当な方法であることをはっきりさせるようにしていかなければならないと思います。」
英国、デイビッド・キャメロン首相は、公的にVAPE(ベイプ)を支持する世界初のリーダーになりました。

VAPE(ベイプ)規制についてキャメロン首相に尋ねたときに、首相は公表を前提としてコメントしています。

自身の禁煙体験から、VAPE(ペイプ)の利用を推進へ

キャメロン首相は自身の禁煙に奮闘した話をした後、VAPE(ベイプ)は喫煙習慣をやめる手助けをする妥当な方法である、と信じたことを明らかにし、「それぞれの人が何度も禁煙しようと試みて、自分にあった禁煙方法を見つけるが、VAPE(ベイプ)もまた、禁煙に導く方法だ。」と述べています。

2015年、英国はVAPE(ベイプ)に対し比較的公平かつ健全に扱い、今後の世界各国におけるVAPE(ベイプ)の取り扱いについての重要性が高まりました。
英国は世界の主要な国々に先立ち、VAPE(ベイプ)を承認するために市民の権利や自由を保持・検討を行った先例になりつつありますが、それと同時に、公衆衛生や安全性に対してより大きな責任を果たしていく必要があります。

英国衛生部が発表した『VAPE(ベイプ)はタバコより95%害がない』という調査結果の意味

今回、英国の衛生部にてVAPEに対して初めて政府基金による研究が行われ、『VAPE(ベイプ)はタバコの喫煙よりも95%害がない』という調査結果を出しました。
データを改ざんしたり、論理的根拠の乏しい科学的な証明を使ったりする米国研究の露骨な偏見や宣伝を公開することで、VAPE(ベイプ)に対する画期的な研究を進歩させることで役立ちました。

「我々は専門家によって導かれる必要があると思う。100万人の禁煙に役立ったと推定された、英国保険機関からの報告書にあるVAPE(ベイプ)によっての効果の期待を見るべきだ。」と、首相はコメントしています。

英国を筆頭に、VAPE(ベイプ)は健康を支える“補助器具”へ

現在、英国のVAPE(ベイプ)コミュニティは拡大を続けており、VAPE(ベイプ)機器を使っている市民の数が推定260万人と言われています。
首相はさらに「VAPE(ベイプ)は、我々一人一人の健康と国の健康を改善する妥当な方法であることをはっきりさせるようにしていかなければならないと思います。」と付け加えました。

各国のVAPE(ベイプ)産業の取り扱いについてはまだまだ不安定なですが、一部の世界的リーダーが論理的にVAPE(ベイプ)に近づいているのを見ると、安心します。 多くの米国政治家は、不純な動機に踊らされ、人騒がせな態度をとっていたりしていますが、英国のリーダーは少なくとも特別利益団体よりも先んじて、市民の健康を考えています。