1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 【VAPE】VAPER(ベイパー), 有名人にも増加傾向か!?

VAPER(ベイパー), 有名人にも増加傾向か!?

お笑い芸人、アーティスト、格闘家…影響力のある人物が続々VAPER(ベイパー)に

最近TVを見ていると超有名お笑い芸人、アーティスト、格闘家など、様々な分野で電子タバコ(VAPE ベイプ)を吸っている著名人VAPER(ベイパー)が増えてきているように見受けます。
禁煙、減煙などの健康目的か、ファッション感覚なのかは人それぞれ違うのでしょうが、影響力はありそうですね。

確かに歌手の方や漫才師等、声が商売の方々にはタール等が含まれてないぶん、VAPE(ベイプ)のほうが通常のタバコより喉にはやさしいと思います。
海外でも超有名俳優やアーティストにVAPER(ベイパー)が増加しているようで、多くのファンや一般の人々に影響を与えているようです。

銀幕のスター、昔は紙のタバコだったが…将来はVAPE(ベイプ)に替わる!?

確かに自分も普通のタバコを始めた若いころは、映画俳優誰々の渋い吸い方のまねなどといったところが入り口になり、同じ銘柄のタバコを買ったり、最初はカッコつけてものまねで吸っていましたが、やがてヘビースモーカーになってしまいました。

ジャン=ポール・ベルモンドやジェームス・ディーン、クリント・イーストウッドなどの欧米勢のタバコを吸うシーンに胸を焦がし、高倉健や松田優作がハードボイルドよろしく紫煙をたてる場面に憧れたり…。
思えば名画と呼ばれる作品には、いくつもの喫煙シーンがスクリーンを彩ってきました。

ただし現代では、映画でも喫煙者の立場が狭まるばかり…。最近ではWHO(世界保健機構)が『喫煙シーンのある映画を“成人指定”に』指定するよう、各国に勧告を行ったのが記憶に新しいところです。

その点を考えると、通常のタバコより害の少ないVAPE(ベイプ)から著名人のものまねで入っていける今の若者たちは羨ましくも感じます。

Vape(ベイプ)カルチャーに関するニュース