【コラム:電子タバコを知る】【VAPEは対象外】受動禁煙対策東京五輪に向かって加速!

都民ファースト、電子タバコも大勝利!?

都民ファースト

都議選で圧倒的な勝利をおさめ、躍進した都民ファースト

その彼らが公約のひとつにあげていた受動喫煙防止条例案が、この秋口にも東京都議会に提出されるようだ。 喫煙可能なレストラン、飲食店をどこまでにするかで厚生労働省や自民党で意見がまとまらず停滞していた法案だが、東京都が国に一歩先んじて動くようだ。条例案は屋内禁煙で罰則付き、家や車内での喫煙を制限する努力目標的なものも加わるようだ。

喫煙には該当しない加熱式タバコ

それに伴い厚労省は「新型タバコは対象外」となった。 今回、受動喫煙問題に関して、対象外となった加熱式タバコ。 VAPEももちろん対象外だ。 健康への被害が分かった時点で規制するとしているが、健康への害が少ないことを認めているような記事である。 各社しのぎを削る加熱式タバコだが、さらなる追い風を受けそうだ。

伸びている加熱式タバコ需要

これに向けて、タバコに該当しないと思われる電子タバコの需要も伸びてきている。まだまだ先と考えていた東京オリンピック、パラリンピックもすぐ先に迫ってきており、国際的に禁煙活動が遅れている日本の中で、東京が先んじて日本を引張っていく流れをつくっていきそうだ。オリンピックのホストシティーとして恥ずかしくない都市にしてほしい。

関連記事
・アイコス(IQOS)は高濃度で発がん性物質を排出?
・電子タバコで禁煙成功(40代男性)
・ニコチンなしのVAPEで禁煙
・ガン研究者と元ガン患者が電子タバコショップを開設
・ヤニ、タール等有害物質について
・日経新聞記事「電子たばこ、健康被害低い」