【電子タバコを知る】プルームテック(PloomTECH)東京で発売開始!アイコス(IQOS) グロー(GLO)の今後の展開は? 2017.06.26更新

プルームテック(PloomTECH)東京で発売開始!3社が東京にてそろい踏み。

アイコス有害物質

ベイプも競合!?3社が共同でステッカー作成。加熱式タバコOKの飲食に配る予定。 2017.06.26更新

しのぎをけする3社が共同でステッカーの製作した。タバコとの違いを問われる加熱式タバコは煙の量も少ないため、現在は扱いがあいまいだ。 そのためきちんとした表示をすることによって、加熱式タバコの環境づくりを目的としている。 ステッカーには、GLO、IQOS、PLOOMTECHのロゴとタバコ禁止の表記も合わせて表記している。 きちんと分煙をした中で吸える環境吸えない環境を作ることは、吸わない人にとっても有益な情報だ。

そしてステッカーには、【たばこベイパー GLO・PLOOM・IQOSのロゴ OK】の文字が記載されている。 私たちの取り扱うVAPEも視野に入れているのだろうか、カタカナでベイパーの文字も入っている。 海外では、圧倒的に加熱式タバコよりも指示されているVAPE。 オリンピックや観光客を考えると、電子タバコも無視できないものとしてJTも認めているのかもしれない。

期待のプルームテック(PloomTECH)!今後の展開が発表!2017.06.05更新

JTは6月29日から、都心でPloomTECH(プルームテック)を発売することを発表しました。 PloomTECH (プルームテック)は、実店舗での販売は福岡県のみで、全国での販売はオンラインショップのみとなっており、ここ数年で福岡における 認知度が高まっている加熱式タバコです。喫煙者であれば一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

プルームテック(PloomTECH)はアイコス(IQOS)のように広がりを見せるか

当サイトでも PloomTECH (プルームテック)とIQOS(アイコス)を比較検証しました。PloomTECH (プルームテック)のタバコカプセルにはタバコ、メンソール、ブルーベリーの3種類があり、どれもタバコの葉を使うことで、火を使わずともタバコに近い味を再現しています。 味がおいしく煙もしっかりと出るため、PloomTECH(プルームテック)に乗り換える喫煙者やIQOS (アイコス)ユーザーは多くなるかと予想されます。

水蒸気とともに在庫も蒸発?気になる生産能力

商品の供給が追い付かないために、買いたくても買えないユーザーが多くなっており、定価よりも高額で取引されることも多いIQOS(アイコス)。 PloomTECH(プルームテック)もかなりの注目が集まっているため、アイコス同様に品薄状態が続くのは避けられないのではないでしょうか。

好調のグロー(GLO)の今後は?

一方、仙台でのみ展開してきたglo(グロー)は、7月3日から東京と大阪でも発売開始となり、それに伴い取扱店舗を拡大していきます。仙台では取り扱い店舗数が600店であったのに対し、東京と大阪を含め1万3000店舗へと拡大します。仙台でのglo(グロー)シェアは7%以上に達し、全国展開に自信を持っているようです。

3社の展開が激化!IQOS(アイコス)はLINEで販促

以上のように、glo(グロー)、PloomTECH (プルームテック)、IQOS (アイコス)の3の加熱式タバコは、価格もスタイルも三社三様となっています。 どの企業も好調ながら、現在はIQOS(アイコス)が頭一つ出ている状態です。 その理由はアイコス(IQOS)の販促方法にあります。詳細は明かされていませんが、LINEを使った販促サービスを展開する予定であり、LINEとの事業提携を発表したのです。 メッセージのやり取りがメインのLINEですが、タイムラインなどのSNS機能も充実してきており、どのようにITを使って広告を仕掛けてゆくのかが問われています。 もちろん20未満は購入できない為、今後のどのように展開されていくのか、そして3社の争いの結末はどうなるのかに注目が集まっています。

ベイプも競合!?3社が共同でステッカー作成。加熱式タバコOKの飲食に配る予定。

日本国内でしのぎを削る加熱式タバコ企業3社ですが、争ってばかりではなく、共同でステッカーの作成を行っています。 タバコとの違いを問われる加熱式タバコは、煙の量も少ないため、扱いがあいまいになっているのが現状です。そのような状況を打破するために、きちんとした表示をすることによって、加熱式タバコの環境づくりを目的とし、このステッカーは作成されました。 ステッカーには、glo(グロー)、IQOS(アイコス)、PloomTECH(プルームテック)のロゴと同時にタバコ禁止の表記もされています。 きちんと分煙をした中でタバコが吸える環境と吸えない環境を作ることは、加熱式タバコユーザーだけでなく、非喫煙者にとっても有益な情報となり得ます。 そしてステッカーには、「たばこベイパー」の文字も記載されています。私たちの取り扱うVape(ベイプ)も視野に入れているのでしょう。 海外では圧倒的に加熱式タバコよりも支持されているVape(ベイプ)。 毎年かなり多くの観光客が訪れることや、東京オリンピックの開催を控えている日本の現状を考えると、電子タバコも無視できないものとしてJTも認めているのではないでしょうか。

電子タバコとJT。JTも電子タバコに注目!?


あなたへのおすすめの電子タバコは?~比較と口コミ~

電子タバコ 比較と口コミ

初めて電子タバコを使うなら、「AIO」が手軽でおすすめ!

日本においても注目され始めており、JTも無視できない存在となっている電子タバコ。 現在、紙巻タバコを吸っている方が初めてVape(ベイプ)を使用する場合、「AIO(ALL IN ONE)」シリーズがおすすめです。 アトマイザー、バッテリー、が全て一つとなっており、使い方も簡単になっています。 多彩な色バリエーションもあり、ポケットサイズでおすすめです。

少し慣れてきたユーザーや、煙を多く出したい方はPICOシリーズ

電子タバコを禁煙や減煙目的で使用する場合には「Picoシリーズ」がおすすめです。 ニコチン量は、0%(0mg) / 0.6%(6mg) / 1.2%(12mg) / 1.8%(18mg) / 2.4%(24mg) /3.6%(36mg)の6種類から選べるので、徐々にニコチン量を下げていくことも可能ですし、最初から0mgの電子タバコリキッドで試すなど、好みに合わせて選択できます。何かと使い勝手がいい、PICOシリーズはライトユーザーからヘビーユーザーまで人気の商品です。

臨場感を味わいたい方には、「Joyetech eVic PRIMO MINI Kit + IMR18650 1,600mAh」

電子タバコを使い慣れている場合や、もっと臨場感を味わいたい場合には、「Joyetech eVic PRIMO MINI Kit + IMR18650 1,600mAh」をおすすめします。 モード設定が豊富に組み込まれており、80Wの高出力や充電時間を短縮。 上からリキッドを入れるタイプのアトマイザでリキッドのこぼれや、手間を大幅カット。 日本のVAPEショップでも人気のスターターキットとなっております。

リキッドのバリエーションは多彩!フレーバーとニコチン量をお好みで。

リキッドのフレーバーとニコチン量をお好みで組み合わせて使うことができます。 電子タバコリキッドのニコチン量は、いずれのフレーバーも、0%(0mg) / 0.6%(6mg) / 1.2%(12mg) / 1.8%(18mg) / 2.4%(24mg) /3.6%(36mg)の6種類から選択できます。


※電子タバコのニコチン量は、通常のたばこのニコチン量表示とは異なります。リキッドをお選びいただく際は、下記のニコチン量を参考にしてください。

電子タバコリキッドのニコチン量 通常のたばこ
0mg(0%) ニコチンなしに相当
6mg(0.6%) ニコチン約0.15mgに相当
12mg(1.2%) ニコチン約0.3mgに相当
18mg(1.8%) ニコチン約0.6mgに相当
24mg(2.4%) ニコチン約0.9mgに相当
36mg(3.6%) ニコチン約1.4mgに相当


関連記事
・【GLO】BATの新型加熱式タバコ「GLO(グロー)」について
・【アイコス】アイコス(IQOS)は高濃度で発がん性物質を排出?
・【プルーム・テック】JT『プルーム・テック/Ploom TECH』とVAPEの違い