【電子タバコを知る】電子タバコの仕組みと吸い方

電子タバコの臭いについて


電子タバコなら、臭いも水蒸気も嫌がられない

レストラン、コーヒーショップ、居酒屋までも、分煙から禁煙になりつつあり、喫煙者はどこへ行っても肩身の狭い思いをしています。
喫煙可能な席でタバコを吸っていたとしても、近くの席の人から嫌がれるケースもあって落ち着いて吸えません。
また、もともと喫煙者である筆者も、食事どころでの灰皿や吸殻の臭い、他人の吸うタバコの煙を吸い込むといい気持ちではないのが事実です。タバコを吸わない方からすれば、尚のことでしょう。

そんな時は、電子タバコ・Vapeベイプ)が本当に便利です。
電子タバコは、水蒸気を吸引し吐き出すため、従来のタバコのような嫌な煙や臭いは出さず、まわりの人たちにも嫌がられません。
におうとすれば、電子タバコリキッドのほのかな香りのみです。
副流煙ではないので、煙くなったり、むせたりすることはなく、まわりの席の人に迷惑をかけることもほとんどありません。
せっかくのおいしい料理の味や香りを台無しにすることもありません。
禁煙席で電子タバコを吸うことはできないかもしれませんが、喫煙席ならほとんど問題なく電子タバコを吸えると思います。

タバコ臭のケアは大変。電子タバコで好印象に。

特に、女性の愛煙家の方には、電子タバコはいいのではないでしょうか。
ニコチン0mg相当のリキッドはもちろん、ニコチンありのリキッドにも、タールは含まれていませんので、ヤニが発生しません。
よって、髪の毛や洋服にヤニの嫌なにおいが付着して消えない、といったこともありません。
歯が黄ばんできたり、口臭がするなどマイナスのイメージになることも防げます。

従来のたばこのように、口臭予防のためにと1本吸うごとに歯磨きをし、臭いを消すためにエチケットスプレーを一噴きといった煩わしさもなくなります。
(実のところ、どんなに歯磨きをしても消臭シュプレーを使っても、タバコを吸わない方にはすぐに気付かれてしまうようです。)
そういった意味では、まさに女性喫煙者のための電子タバコといってもいいのではないでしょうか。


当社の扱う英国Liberty Flights社(リバティフライツ社)の電子タバコリキッドは、様々な味があり、シーンによってお好みの味や香りを楽しめます。
一度電子タバコを使用していただきますと、再注文する方も多く、非常に人気があります。
減煙や禁煙を考えている方には、本物のタバコのような臨場感を味わいながらも、自分のペースで徐々に減らしていくことができるので人気となっております。
電子タバコに変えることにより、きっと良い変化があらわれると思っています。

関連記事
・電子タバコの中身は水蒸気?
・バッテリーの信頼性と安全性
・VAPEのメンテナンス
・禁煙席での電子タバコの使用に関して
・電子タバコと喫煙所
・自動車の運転時の使用について