【電子タバコを買う】電子タバコの輸入と規制

未成年の販売に関して


当社での「電子タバコ」、「電子タバコリキッド」の販売は満20歳以上の方を対象とさせていただいており、未成年者への販売は行っておりません。

実際に米国では数十の州で既に、未成年者への販売禁止に動いています。
電子タバコ市場はまだはじまって数年と日が浅いだけに、安全性に関する長期的、科学的な証拠がなく、健康へのリスクについても長期的な観点からの統計がまだないため、様々な意見が混在している状況です。
従いまして、当社におきましては電子タバコ・Vape(ベイプ)、電子タバコリキッドの販売は満20歳以上の方を対象とさせていただき、未成年者への販売は行っておりません。
また、当社で取扱っております電子タバコブランドの本国、英国Liberty Flights( リバティフライツ)社におき ましても、英国の喫煙年齢に合わせ、18歳未満の方への電子タバコ・Vape(ベイプ)、電子タバコリキッドの販売は行っておりません。

電子タバコは「たばこ」ではありませんので厳密に言えば未成年者が電子タバコを吸うことは禁じられているとはいえないかもしれません。

煙ではなく、水蒸気を吸って吐いているだけで、副流煙は発生しないので、従来の「たばこ」を吸うことに比較すれば、電子タバコを吸うほうがむしろ安全で、健康的ではないかとの意見も少なくないと思います。
しかしながら、最近の世界保健機関(WHO)の電子タバコに関する報告書では、「健康への深刻な脅威」として、屋内での電子タバコの使用と未成年者への販売、広告の禁止など厳しい規制を導入するように世界各国へ提言しています。
ここ数年間で、電子タバコは世界中で急激に拡大し、今や30億ドルにものぼる市場規模といわれており、更に伸び続けていますが、各国とも徐々に未成年者への販売を自粛、禁止する傾向にあります。

実際に米国では数十の州で既に、未成年者への販売禁止に動いています。

電子タバコ市場はまだはじまって数年と日が浅いだけに、安全性に関する長期的、科学的な証拠がなく、健康へのリスクについても長期的な観点からの統計がまだないため、様々な意見が混在している状況です。
従いまして、当社におきましては電子タバコ、電子タバコリキッドの販売は満20歳以上の方を対象とさせていただき、未成年者への販売は行っておりません。
また、当社で取扱っております電子タバコブランドの本国、英国Liberty Flights (リバティフライツ)社におきましても、英国の喫煙年齢に合わせ、18歳未満の方への電子タバコ、電子タバコリキッドの販売は行っておりません。

関連記事
・ニコチン入りリキッドや電子タバコスターターキットの個人輸入とは
・ニコチン入りVape(ベイプ)の個人輸入と薬事法 について
・電子タバコの規制とは?
・アメリカで18歳未満への販売禁止の規制
・課税をめぐる議論