【電子タバコを知る】電子タバコの安全性と禁煙、健康

禁煙を考えている方に

禁煙

昨今、全世界的に喫煙に対する目が厳しくなってきています。生活習慣病も主たる原因とも言われ、吸っている本人だけではなく、周りの人にも影響が出るということで喫煙者は肩身の狭い状況に追いやられています。部屋に入ればタバコを吸う人がそうでないか、すぐに判別がつきます。車もそうです。中古車等は清掃がある程度行き届いていても、喫煙者が乗っていたものかどうかすぐに判別がつきます。洋服もそうです。染みついた臭いでタバコを吸う人か否かわかります。どこいっても、禁煙、分煙で、自由にどこでも吸えた時代が遠くに感じられます。

このようなご時世なので、禁煙をしようという人は増加傾向にあるようです。しかしながら、常習性の高いタバコをそう簡単にはやめられません。いろいろな方法を試みても結局断念という方はかなりいるようです。

タバコを吸うという習慣化された動作に依存

タバコを吸う人の行動を研究してみると、日常生活の行動と連動して喫煙しているひとが圧倒的なようです。ベッドで一服、食後の一服、トイレで一服、コーヒーを飲みながら一服、商談が終わって一服、会議が終わって一服、運転しながら一服等等、普段の生活における行動と喫煙が連動しています。よって、食後にタバコがない、ひと仕事終えてタバコがない等ありえないこととなってしまっており、禁煙が続けられない状況になってしまっています。

こういった状況を解消できるのが電子タバコ・Vapeベイプ)です。 電子タバコは本物のタバコを吸っているように、水蒸気を吸い込み、吐き出すので臨場感があります。食後に何もないのは喫煙者にとっては耐え難いことですが、電子タバコがあればいつもと同じ行動をとっている感じになり、自然自然に実際のタバコから電子タバコに置き換えていくことが可能です。VAPEはこの無意識のタバコを吸うという行動を受け継ぎながら、減煙、禁煙することが可能です。

ニコチン依存症等といいますが、確かにニコチンによる依存症もありますが、実はタバコを吸うという習慣化された動作に依存されてしまっている人も多いのではないかと思います。なのでニコチンの入っていない電子タバコもリキッドを使用しても、習慣化された行動はあまり変わらないので禁煙も長続きできるようです。

今までガムやパッド等で禁煙にトライし、くじけてしまった人もこの電子タバコを使用してみる価値はありそうです。今までとは違い、タバコを吸うという習慣化された動作はほとんど変えずに禁煙ができるかもしれません。

VAPEで禁煙成功(40代男性)


私は電子タバコ・Vapeベイプ)を使用して従来のタバコを止めることに成功しました。
28年以上、1日平均30本程度を吸っていたヘビースモーカーでしたが、禁煙して1年半が過ぎました。
今まで何回も禁煙にトライしましたが、何れも失敗。ほとんどが4,5日で終わりでした。
根性禁煙、ニコチンパッドでの禁煙、ガム等を利用した禁煙など、いろいろ試しましたがどれもだめでした。
あと残されたのは外来禁煙だけだと思ってましたが、経験した一部の人から薬による副作用がきつかったとの話しを聞いていたのでそれは止めました。
うれしいとき、ほっとしたとき、悲しいとき、怒っているとき、考え込むとき、人生のあらゆる場面でいつも一緒にいたタバコをやめました。ずいぶん長い間タバコと一緒にいました。一生離れることはないと思っていました。もしかしたら、歩くことについで二番目に多い動作がタバコを吸う動作だったかもしれません。健康が一番の理由ですが、生半可な気持ちでは禁煙はできません。 そこでまずタバコを吸う利点と欠点、タバコをやめる利点と欠点を自分なりにまとめました

タバコを吸う利点

  • 精神を落ち着かせることができる。(果たして本当か)
  • 何かの区切りになる。
  • 喫煙室などで喫煙者同士仲良くなれ、知り合いが増える。
  • 知り合いが増えることによってビジネス上或いは社内事情についての情報が取得できる。

タバコを吸う欠点

  • 健康に悪い。
  • 金がかかる。
  • 口や髪の毛、洋服が臭くなる。
  • 吸わない人に迷惑がられる。

タバコをやめる利点

  • 健康になる
  • 金がかからなくなる
  • 嫌な臭いがなくなる
  • まわりに迷惑がかからない

タバコをやめる欠点

  • 知り合いが減り、情報網が少なくなる。

結局自分にとっては一番最後だけが問題に感じていた。 喫煙室で同僚と話しながら、仕事の進み具合、まずいことが発生した時の相談、組織変更のうわさ等などの話ができたし、聞けたし、世代や部門を超えた先輩や後輩との話ができるのが良かったがそれがなくなるとなると非常に不安であった。

そこで電子タバコというい選択しに気づきました。電子タバコなら普通のタバコよりは健康的、経済性もよく、タールがないので嫌な臭いも軽減できるし、自分にとっては大事な喫煙室での時間を電子タバコで失うこともない。 これは市販のハッカを吸っているようなものとは違います。水蒸気を吸って吐き出すだけなのですが、従来のタバコを吸っている感覚や臨場感がありました。 タバコを吸っている人にしかわからない臨場感が味わえます。まるで本物のようです。火をつける動作がなくなりますが、あとは吸い込んで出す行動は同じなので、何とか我慢できます。
しかも煙ではないので、室内のどこでも吸えます。私の場合、オフィスや家で自由に吸っていました。電子タバコを知った時、これは本当に禁煙できるかもしれないと思いました。
この後、約一年間、従来のタバコと併用して使用してました。社内や社外の喫煙所まで行き、吸って帰ってくるのに5-10分かかるのが当たり前なので、どうせだからと2,3本吸ってしまうケースもあり、時間やタバコ代を無駄に使っていました。
そうやって徐々にタバコの量を減らし、電子タバコを増やしていけば、何とかなるかと思いはじめてみた。これがうまくいき、大分副流煙は浴びているような気もしますが、禁煙に成功しています。

電子タバコで禁煙成功(40代男性)

私にとっては、20年以上かかって見つけた、最高の禁煙グッズです。

この後、約一年間、従来のタバコと併用して使用してました。社内や社外の喫煙所まで行き、吸って帰ってくるのに5-10分かかるのが当たり前なので、どうせだからと2,3本吸ってしまうケースもあり、時間やタバコ代を無駄に使っていました。
電子タバコを使ってからは、時間がないときは机で仕事をしながら吸えばそれでOKで、最初のうちは席の近い人に驚かれましたが、煙ではなく水蒸気であることや匂いは電子タバコフレーバーの微かな香りだけであることを説明し、納得してもらっていました。
お陰で仕事は捗りました。そんなこんなで徐々に電子タバコ使用比率を上げていき、電子タバコ使用開始後、約一年後には従来のタバコを完全に止め、電子タバコのみの使用となりました。
その電子タバコも禁煙後約3ヶ月間程度は吸っていましたが、徐々に減らし、いまでは電子タバコもやめています。とは言ってもたまにいらいらすると電子タバコをくわえてしまいますが、そこから喫煙復活することはなく、電子タバコは好きな時に吸い、また何日でも吸わないでいることも簡単です。
今のところ電子タバコによって健康をくずしたことはないと思います。といいますか逆に健康になっています。

是非、今まで禁煙が成功できなかった人には試してもらいたい方法です。自分も成功するとは思っていませんでしたが、意外と長続きするものです。

関連記事
・電子タバコの安全性について
・ペットを飼われている方に
・電子タバコの爆発について
・最もメリットがあるのは女性?
・電子タバコその人気の理由に迫る