1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. 【シーシャ(水タバコ)と電子タバコの違い】

【電子タバコを知る】電子タバコの仕組みと吸い方

シーシャ(水タバコ)と電子タバコの違い

シーシャ(水タバコ)

シーシャ(水タバコ)の発祥はインド、エジプト、中東地区等で発明されたと言われていますがはっきりしたことはわかりません。私が初めてこれを吸ったのはUAEの砂漠でした。
映画等で見たイメージからか、シーシャを回し吸いし瞑想にでもふけっている人達を見ると何か悪い薬でも吸っているような感じでしたが、実際はタバコの葉と炭を使用して、その煙を水を通し、水蒸気を吸い込むようなものでした。いろいろなフレーバーもあるようで中にはかなり甘いフルーティな味のものもありました。
電子タバコと違い、持ち運びができるようなサイズのものではないため(最近はコンパクトなものもあるようですが)、家や大勢が集まる社交場で、ゆっくりとくつろぎながら吸うようなイメージです。

他の国ではフーカとも呼ばれて、世界各国に普及しているようですが、まだまだ日本では専門店でもないとなかなか見ることはできません。携帯できるサイズという観点から、日本では電子タバコのほうが合いそうです。

関連記事
・電子タバコの仕組み
・アトマイザーの交換
・国産リキッドと海外製品の違い
・電子タバコの充電方法
・電子タバコの中身は水蒸気?
・バッテリーの信頼性と安全性