【電子タバコを知る】電子タバコの経済性

過去のタバコの価格

過去のタバコの価格

自分の記憶とWEBサイトから拾ってきた数値なので確かではないが、有名どころのセブンスターとマイルドセブンの値段を追ってみた。

    
年代マイルドセブンセブンスター
1977年150円150円
1980年180円180円
1983年200円200円
1986年220円220円
1997年230円230円
1998年250円250円
2003年270円280円
2006年300円300円
2010年410円440円
2014年430円460円

バブル期もあったが、その後失われた10年、15年だとかでデフレが続いていた世の中でこれだけあがったものも少ないような気がする。20本入りの値段であるが、人によっては2,3箱、しかも毎日吸うものである。 人生でタバコに費やした金額は計算したくなくなる。、金銭面を考えると塵も積もればで相当な金額になってしまう。一度電子タバコのランニングコストも計算したほうよさそうです。

従来のタバコがいいか電子タバコ・Vapeベイプ)がいいか、あっちこっちで論争がおきているけど、実際どっちがいいとかは言い切れず、個人の判断にまかせるしかありません。
健康にいいか悪いかは専門家の間でもいろいろ意見があるようだし、国は国で税金の問題等でいろいろ不利にならないような思惑も垣間見られるし、一概には従来のタバコがいいとか、電子タバコ・の方がいいとは言えません。
実際に両方使ってみて、健康状態、味やにおい、金銭面などを体験してから決めるしかないと思います。 何事も経験といったところでしょう。
でも、ひと昔前までは電子タバコとタバコのどっち派なんて論争は起こっていなかったのだから、やはり電子タバコの実力はそれ相応のものなのでしょう。

関連記事
・高級なVAPEとから低価格なVAPE。総コストは?
・紙タバコを吸い続けるよりvapeは安い?
・過去のタバコの価格
・電子タバコの価格帯に関して
・たばこ代がどれくらい節約できる?
・電子タバコの経済性について