1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. 【電子タバコを知る】会社の分煙室でVAPE

【コラム:電子タバコを知る】電子タバコの安全性と禁煙、健康

会社の分煙室でVAPE

会社の分煙室でVAPE

企業内の分煙が進んで久しくなります。でも最近では喫煙室にタバコを吸わない人もつれてきて仕事の指示をしたり、説明をしたりしている人を見かけます。非喫煙者の立場であれば耐えきれないといったところでしょう。セクシャルハラスメントからはじまり、パワーハラスメント等等、ハラスメントという言葉が日常で使われるようになってから久しいですが、スモークハラスメントと言う言葉を耳にした事がある方もいると思います。

これは喫煙者がタバコを吸わない人に対して、タバコの煙で身体に害を与えること等を指すようです。非喫煙者から考えたら、自分はタバコを吸わないのに周りの人の喫煙で健康を害したらたまりません。これは副流煙による受動的な喫煙からくるものが原因です。

そこで流行ってきているのが電子タバコ・Vapeベイプ)です。電子タバコからは煙がでません。出しているのは水蒸気です。中には海外から購入したニコチン入りのリキッドのものもあるので一概には言えませんが、タールは含まれていないので、タバコを吸わない周りの人達に迷惑をかけることも少なくなるはずです。このような観点からも電子タバコを使用する人が増えているのかもしれません。

そんな中、分煙室で電子タバコを吸っている同僚がいました。室内にいた人達がみんな「何それ、流行りの電子タバコ?」と興味深々でした。最近、電子タバコ、VAPEといった言葉をよく聞くようになったが、結局よく知っている人はまだ少ないようでした。吸っていた社員が、電子タバコのリキッドにはタールが入っていないので健康にいいこと、実際のタバコよりランニングコストは安いこと、普通のタバコを吸っている感じでタバコは減らすことができることなどと説明していました。

でも、最も説得力があったのが吐き出す煙(水蒸気)の量です。これだけの量の煙というか水蒸気を吐き出せれば、なんか普通のタバコより気持ちよさそうに見えました。

俺も、私もと試してみたくなった人が徐々に増えてきて、今や喫煙室の半分ちかい人が電子タバコを吸っている状況です。私も時代に乗り遅れないように、VAPEを始めようと考えています。

関連記事
・東京オリンピックに向け、受動喫煙防止対策推進
・電子タバコで禁煙成功(40代男性)
・ニコチンなしのVAPEで禁煙
・ガン研究者と元ガン患者が電子タバコショップを開設
・ヤニ、タール等有害物質について
・日経新聞記事「電子たばこ、健康被害低い」