1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. 【VAPE対象外】受動喫煙防止対策東京五輪に向かって加速!

【電子タバコを知る】電子タバコの安全性と禁煙、健康

受動喫煙防止対策東京五輪に向かって加速

東京

厚生労働省は「受動喫煙防止対策の強化について」を2016年10月に発表した。 2020年開催予定の東京オリンピック・パラリンピックに向け、受動喫煙防止を強力に推進し、非喫煙者が他人のタバコの煙を吸わされる受動喫煙の対策を強化する方向である。
まだ正式に内容は定まっていないが、官公庁や社会福祉施設等の公共施設での建物内禁煙、子供や患者が主に利用する学校や病院、医療機関はより厳しい敷地内禁煙、飲食店などサービス業の施設や企業のオフィスは原則禁煙とし、煙が外に流出するのを防ぐ喫煙室の設置は認める等、厳しい内容になりそうである。以前に施行された健康増進法は施設管理者に受動喫煙対策を課していたが、努力義務となっていたため、推進させていくには問題があった。
しかし、今回は、施設管理者は喫煙室の位置を掲示し禁煙場所との区別を明確にするなどの義務、喫煙者は禁煙場所で喫煙してはならない義務があり、違反した者が勧告や命令等に従わない場合は、 過料などの罰則を適用して規制を強化するといった実効性のある内容になりそうである。

タバコのないオリンピックを目指す

都民ファースト

しかしながら、こんな程度では海外と比較するとまだまだ受動喫煙防止に対する認識が遅いようである。
病院や学校、飲食店等のパブリックプレイスを屋内禁煙とする法律等を施行する国が2014年末時点で49カ国程度あり、世界保健機関は日本の受動喫煙防止対策を世界の中でも最低レベルと指摘している。 国際オリンピック委員会と世界保健機関は「タバコのないオリンピック」を目指しており、日本以外のオリンピック開催地と開催予定地には、罰則などの規制を伴う受動喫煙防止策を講じているのが現状である。

都議選で圧倒的な勝利をおさめ、躍進した都民ファースト

その彼らが公約のひとつにあげていた受動喫煙防止条例案が、2017年秋口にも東京都議会に提出されるようだ。 喫煙可能なレストラン、飲食店をどこまでにするかで厚生労働省や自民党で意見がまとまらず停滞していた法案だが、東京都が国に一歩先んじて動くようだ。条例案は屋内禁煙で罰則付き、家や車内での喫煙を制限する努力目標的なものも加わるようだ。

伸びている加熱式タバコ需要

これに向けて、タバコに該当しないと思われる電子タバコの需要も伸びてきている。まだまだ先と考えていた東京オリンピック、パラリンピックもすぐ先に迫ってきており、国際的に禁煙活動が遅れている日本の中で、東京が先んじて日本を引張っていく流れをつくっていきそうだ。オリンピックのホストシティーとして恥ずかしくない都市にしてほしい。

「新型たばこは対象外」受動喫煙規制で見解

vape 高級

飲食店などに受動喫煙防止対策を義務付ける健康増進法の改正案について、塩崎恭久厚生労働相は10日の閣議後の記者会見で、新たなタイプの「加熱式たばこ」と「電子たばこ」を当面、法規制の対象外とする考えを示した。受動喫煙の影響が科学的に明らかになっていないためで、影響が分かった時点で規制の是非を検討する。

日本で販売されている加熱式たばこは、火を使わずに葉タバコを加熱して蒸気を楽しむ。海外で普及する電子たばこ・Vapeはニコチンを含む溶液を加熱して蒸気を吸う。 これらについては、周囲への健康影響に関する研究が始まったばかりだという。

厚労省は3月に健康増進法の改正案を国会に提出する予定。当初案で建物内を原則禁煙とした飲食店に例外規定を設けるかなどについて、内容の調整を進めている。 このような流れのなか、実際のタバコを比較すると健康的とも言える、ノンタールで火を使用しないVapeが俄然、注目を浴びてくるのは間違いありません。

今回、受動喫煙問題に関して、対象外となった加熱式タバコ。 VAPEももちろん対象外だ。 健康への被害が分かった時点で規制するとしているが、健康への害が少ないことを認めているような記事である。 各社しのぎを削る加熱式タバコだが、さらなる追い風を受けそうだ。

企業内の分煙とスモークハラスメント

会社の分煙室でVAPE

企業内の分煙が進んで久しくなります。でも最近では喫煙室にタバコを吸わない人もつれてきて仕事の指示をしたり、説明をしたりしている人を見かけます。
非喫煙者の立場であれば耐えきれないといったところでしょう。セクシャルハラスメントからはじまり、パワーハラスメント等等、ハラスメントという言葉が日常で使われるようになってから久しいですが、 スモークハラスメントと言う言葉を耳にした事がある方もいると思います。
これは喫煙者がタバコを吸わない人に対して、タバコの煙で身体に害を与えること等を指すようです。非喫煙者から考えたら、自分はタバコを吸わないのに周りの人の喫煙で健康を害したらたまりません。
これは副流煙による受動的な喫煙からくるものが原因です。

そんな中、分煙室で電子タバコを吸っている同僚がいました。室内にいた人達がみんな「何それ、流行りの電子タバコ?」と興味深々でした。
最近、電子タバコ、VAPEといった言葉をよく聞くようになったが、結局よく知っている人はまだ少ないようでした。
吸っていた社員が、電子タバコのリキッドにはタールが入っていないので健康にいいこと、実際のタバコよりランニングコストは安いこと、普通のタバコを吸っている感じでタバコは減らすことができることなどと説明していました。

でも、最も説得力があったのが吐き出す煙(水蒸気)の量です。これだけの量の煙というか水蒸気を吐き出せれば、なんか普通のタバコより気持ちよさそうに見えました。
俺も、私もと試してみたくなった人が徐々に増えてきて、今や喫煙室の半分ちかい人が電子タバコを吸っている状況です。

Vapeを吸って吐き出しているのは煙ではなく、水蒸気です。 SmokeではなくVape(ベイプ)です。 中には海外から購入したニコチン入りのリキッドのものもあるので一概には言えませんが、タールは含まれていないので、タバコを吸わない周りの人達に迷惑をかけることも少なくなるはずです。
このような観点からも電子タバコを使用する人が増えているのかもしれません。
東京オリンピックに向かい、規制が進む中、このVapeが喫煙者にとってはラストリゾートになるかもしれません。

電子タバコをはじめてみませんか? 人気のニコチン入りリキッドとセットになったお得なスターターセットはこちら
関連記事
・ガン研究者と元ガン患者が電子タバコショップを開設
・ヤニ、タール等有害物質について
・日経新聞記事「電子たばこ、健康被害低い」