1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 【電子タバコを知る】電子タバコの中身は水蒸気?

【コラム:電子タバコを知る】電子タバコの仕組みと吸い方

電子タバコの中身は水蒸気?

水蒸気

電子タバコ・VAPEベイプ)リキッドには紙巻きタバコと違いタールが入っていません。また電子タバコ・VAPE(ベイプ)は電子タバコリキッドを着火して煙を吸うのではなく、バッテリーで加熱して水蒸気を吸いますので、紙巻タバコのように着火した際に発生する発癌物質や有害物質が発生することはほとんどありません。

その水蒸気は電子タバコ・VAPE(ベイプ)リキッドを加熱したことで発生した水蒸気となりますが、どのような成分によって電子タバコ・VAPE(ベイプ)リキッドがつくられてるのでしょうか。 リバティーフライツ社製の電子タバコ・VAPE(ベイプ)リキッド成分は食品グレードよりもより厳格な規格の医療品グレードのニコチンを使用し、米国FDA認可の食添グレードのプロピレングリコールやグリセリンそして高純度のフレーバーを使用した高品質で信頼できる商品となっております。

電子タバコ・VAPE(ベイプ)リキッドのフレーバーの種類は多々ありますが、タバコに近い風味、メンソール風味、フルーツ風味、スウィーツ風味といったリキッドに分けられます。 主に上記の成分によってつくられた電子タバコ・VAPE(ベイプ)リキッドがバッテリーによって熱せられ、発生した水蒸気を吸引するものが電子タバコとなります。

注意

日本ではニコチン入りのリキッドは薬事法で国内販売が禁止されています。ニコチン入り商品をお求めになりたい場合は個人輸入することによって日本でもお楽しみいただけます。個人輸入可能な当サイトをご利用頂くと大変便利です。

関連記事
・電子タバコの仕組み
・国産リキッドと海外製品の違い
・電子タバコの充電方法
・電子タバコの中身は
・バッテリーの信頼性と安全性
・VAPEのメンテナンス