1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. 【電子タバコを知る】ニコチンなしのVAPEで禁煙

【コラム:電子タバコを知る】電子タバコの安全性と禁煙、健康

ニコチンなしのVAPEで禁煙

禁煙

昨今、全世界的に喫煙に対する目が厳しくなってきています。生活習慣病も主たる原因とも言われ、吸っている本人だけではなく、周りの人にも影響が出るということで喫煙者は肩身の狭い状況に追いやられています。部屋に入ればタバコを吸う人がそうでないか、すぐに判別がつきます。車もそうです。中古車等は清掃がある程度行き届いていても、喫煙者が乗っていたものかどうかすぐに判別がつきます。洋服もそうです。染みついた臭いでタバコを吸う人か否かわかります。どこいっても、禁煙、分煙で、自由にどこでも吸えた時代が遠くに感じられます。

このようなご時世なので、禁煙をしようという人は増加傾向にあるようです。しかしながら、常習性の高いタバコをそう簡単にはやめられません。いろいろな方法を試みても結局断念という方はかなりいるようです。

タバコを吸う人の行動を研究してみると、日常生活の行動と連動して喫煙しているひとが圧倒的なようです。ベッドで一服、食後の一服、トイレで一服、コーヒーを飲みながら一服、商談が終わって一服、会議が終わって一服、運転しながら一服等等、普段の生活における行動と喫煙が連動しています。よって、食後にタバコがない、ひと仕事終えてタバコがない等ありえないこととなってしまっており、禁煙が続けられない状況になってしまっています。

こういった状況を解消できるのが電子タバコ・Vapeベイプ)です。 電子タバコは本物のタバコを吸っているように、水蒸気を吸い込み、吐き出すので臨場感があります。食後に何もないのは喫煙者にとっては耐え難いことですが、電子タバコがあればいつもと同じ行動をとっている感じになり、自然自然に実際のタバコから電子タバコに置き換えていくことが可能です。VAPEはこの無意識のタバコを吸うという行動を受け継ぎながら、減煙、禁煙することが可能です。

ニコチン依存症等といいますが、確かにニコチンによる依存症もありますが、実はタバコを吸うという習慣化された動作に依存されてしまっている人も多いのではないかと思います。なのでニコチンの入っていない電子タバコもリキッドを使用しても、習慣化された行動はあまり変わらないので禁煙も長続きできるようです。

今までガムやパッド等等で禁煙にトライし、くじけてしまった人もこの電子タバコを使用してみる価値はありそうです。今までとは違い、タバコを吸うという習慣化された動作はほとんど変えずに禁煙ができるかもしれません。

関連記事
・東京オリンピックに向け、受動喫煙防止対策推進
・会社の分煙室でVAPE
・電子タバコで禁煙成功(40代男性)
・ガン研究者と元ガン患者が電子タバコショップを開設
・ヤニ、タール等有害物質について
・日経新聞記事「電子たばこ、健康被害低い」