1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. 【電子タバコを知る】Brexit(英国離脱)後の電子タバコはどうなるのか。

【コラム:電子タバコを知る】世界の電子タバコ

Brexit(英国離脱)後の電子タバコはどうなるのか

Brexit

2016年7月14日

英国の国民投票でたとえ何に投票したとしても、全国的に電子タバコ・Vape(ベイプ)ユーザーはTPD第20条が廃止されることを願っています。EUを離脱する英国ですが、電子タバコ社会にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

手短に言えば影響はなさそうで、何かを変更するという計画も現状なさそうです。

TPDは、こうしている間にも実行されており、英国の法律となります。 EUを離脱する英国ですが、TPD(タバコ製品指令)またはその第20条に何の影響も及ぼさないということです。 もはや今後の議論は深刻に行われなくなる可能性があるので、厄介なことになる前にEU諸国の電子タバコ業界やユーザーは更なる交渉を続けていくことになりそうです。

飲み込むのが難しい薬となるかもしれませんが、多くの電子タバコユーザーは英国がEUを去ったら、TPDも英国と関係なくなると思ったかもしれません。 しかし、EUから外れる英国ではありますが、過去40年間実行されてきた法律であるため、何年もかかる途方もない課題となり、TPDに関しては非常に長い課題リストの後方に位置する可能性が高いです。

全ての電子タバコユーザーが賛同できるものは、規制が電子タバコ産業内で必要であるということです。

電子タバコ企業と電子タバコユーザーは保護されるべきで、電子タバコ産業に悪名を与える危険な業者から守られる必要があります。 TPDが設計する現在の水準ではない規制が必要です。

はっきりとは何も分かりませんが、言えることは英国にとって非常に面白い年になるだろうということです。

関連記事
・電子タバコは活躍する(英国)
・欧米人気のVAPE、VAPEリキッド
・Tobacco free(タバコフリー)とは?
・マレーシアでVAPEは人気上昇中、シンガポール、タイでは規制
・海外の電子タバコ事情
・世界各国の規制
・電子タバコを使用するセレブ達