1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. 【ニコチン入りリキッドや電子タバコスターターキットの個人輸入とは】

【電子タバコを買う】電子タバコの輸入と規制

ニコチン入りリキッドや電子タバコスターターキットの個人輸入とは

個人輸入とは

個人輸入とは

個人が自分で利用する目的で、ニコチン入り電子タバコリキッド電子タバコ・Vapeベイプ)を海外から輸入することを個人輸入といい、弊社はその輸入代行を行っております。お客さん側としましては、日本国内のネットショップで商品をご購入されることとできるだけ変わらないようにウェブサイト構築しております。

日本国内でのニコチン入り電子タバコリキッドの販売、購入、譲渡は薬事法等の関係もあり禁止されておりますが、個人が自分が利用する目的であればお客様の自己責任でニコチン入り電子タバコリキッドを海外より個人輸入することは規制もなく問題がありません。

購入金額が16,666円を超えると課税対象となります

個人のお客様がご自身での使用目的で輸入する場合、免税となる購入金額の制限があります。購入金額が16,666円を超えてしまうと課税対象となってきますので予めご了承下さい。

電子タバコリキッドを個人輸入できる量

電子タバコリキッドを個人輸入できる量ですが、実際具体的に決められている数値は無く、およそ1ヶ月の間に使用できる量が目安とされています。 リバティフライツ社製の電子タバコリキッドは1本10ml入っており、たばこのおよそ約7箱分に相当します。目安として1回で購入される量としては、100ml(10本)以下を推奨しております。電子タバコスターターキットに関しましては、1回で購入される数量は、2セット以下を推奨しております。

セット商品に電子タバコリキッドが含まれているものがあります。過去にセット商品と他のリキッドを購入し、合計すると1回で輸入できる量を超えてしまい、日本側で通関が許可されず英国に返却されてしまうケースがありましたので、ご注文時の電子タバコリキッドの量や電子タバコスターターキットの数量にご注意下さい。

関連記事
・ニコチン入りVape(ベイプ)の個人輸入と薬事法 について
・電子タバコの規制とは?
・アメリカで18歳未満への販売禁止の規制
・課税をめぐる議論
・未成年の販売に関して