1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. Vape(ベイプ)カルチャー
  3. 電子タバコ(VAPE)産業は2017年までに100億ドル(1兆円以上)をヒット!?

電子タバコ(VAPE ベイプ)産業は、2017年までに100億ドル(1兆円以上)をヒット!?

日本でもVAPE(ベイプ)人気は爆発前夜!?世界でのVAPE(ベイプ)市場の広がりは?

海外での普及スピードには敵いませんが、日本でもVAPE(ベイプ)のニュースや話題を目にすることが多くなりました。

現在VAPE(ベイプ)、VAPING(ベイピング)は非常に多くの人気があります。
そして2014、2015年とともに非常に多くのユーザーが使い始めています。

スモークフリー貿易連合(SFATA)業界は驚異的な10億ドルの価値があるだろうと伝えています。
電子タバコ(VAPE ベイプ)を使用できる飲食店は3,500店以上あり、2014年に比べてその数は大きく増えました。

欧米での普及は目覚ましいものがあり、特にアメリカやイギリスでのシェアは急速に伸びている印象です。
イギリスでは2014年、有名なオックスフォード英語辞典(OED)に「vape」が新語として登録されるぐらい、市民に浸透した存在となっているのが現状です。

日本国内でこの普及状態を例えるのであれば、広辞苑に掲載されたり、流行語大賞にノミネートされるような存在、とでもいえるでしょうか。

海外では既にメジャーなVAPE(ベイプ)。アメリカでの流行の理由はどこに?

従来の紙タバコと比較すると価格も安いVAPE(ベイプ)は、今もユーザーを増やし続けています。
特に今、アメリカのVAPE(ベイプ)市場がかなりの賑わいを見せているのです。

理由としては「喫煙に似た感覚を味わえる」といった喫煙者の意見や、「蒸気を吸い込むこと自体の面白み」といったVAPE(ベイプ)ならではの特色を挙げる人もおり、VAPE(ベイプ)先進国アメリカではメディアとともにアメリカ経済をも大きく潤わせることとなりました。

そんな流れの中、特に注目すべきニュースとしては、電子タバコ(VAPE ベイプ)を貸し出す店がアメリカ中西部のストリップモールで可能になってことでした。
様々な店が個々の顧客サービス向上のため、多くのニーズがある電子タバコ(VAPE ベイプ)の許可をしたことです。

今後もさらに手軽にVAPE(ベイプ)を手に取れるシーンが多くなると想像される、今回のニュース。
コンビニエンスストア、ドラッグストアやスーパーマーケットでも、多くが売られていますが、今後はもっと爆発的な成長を見せることになるでしょう。