最もメリットがあるのは女性?

増加する女性の喫煙率

日本では飲食店での喫煙が法律によって規制される動きも出てきており、それに伴って男性の喫煙率は徐々に低下しているようです。しかしその反面、女性の喫煙率は徐々に増加しているとの統計もあるようです。
その要因として、女性の社会進出が活発になったことが挙げられます。
女性が社会進出したことでストレスの影響を多く受けるようになり、それが原因でタバコを吸うようになったと考えられます。また女性の方が男性よりも依存度が高い傾向にあることも要因だといわれています。
また周りに喫煙者が多かったから、みんなが吸っているからおいしいのかと思って一本貰ったことがきっかけだという人も多く見られます。

日本での煙草環境の変化や、男女喫煙者の推移

男女の喫煙率の推移を具体的な数字で見ていきましょう。 男性の喫煙者の数はここ半世紀で40%程度も減少しています。 それに対して女性の喫煙者は、男性の喫煙者が全体の8割だった1965年には女性の喫煙者は6.6%と少数であったということが伺えます。 しかし2002年には女性の喫煙者は全体の24%にも膨れ上がり、この年に女性の喫煙率は最高水準に達しています。 2016年の時点では女性も喫煙人口は528万人という結果も出ています。


タバコは女性の敵

このように女性の喫煙者が増加しているのが現状ですが、喫煙は女性にとって敵ともいえるものです。 企業では喫煙所が設けられることも増えましたが、喫煙者が集まってたばこを吸うため、喫煙所でタバコを吸うとスーツや洋服にまで臭いがしみ込んでしまうこともあります。 また長年喫煙を繰り返していると、実年齢より老けて見え、一見でこの人は喫煙者だとわかる、いわゆる「タバコ顔」になる人も少なくないようです。 つまり喫煙をすることは、綺麗でいたいと願う女性にとってメリットがないことなのです。

女性向けのタバコ5つ

煙は女性にとっての敵とはわかっていても、なかなか禁煙することは難しいものです。 女性がよく好むタバコは以下の通り
・ピアニッシモ 450円
細く薄ピンク色のピアニッシモは女性が吸っていても"女子っぽい"と幅広い年齢の女性から支持されています。あまりタバコ臭くならない点も女性にはうれしい点でしょう。
・バージニア・エス 450円
ピアニッシモ同様、女性に根強い人気のあるタバコです。適度なメンソールが爽やかで、"タバコらしくないタバコ"として女性には定番となっています。
・ウィンストンキャスター
甘いバニラの香りが特徴のタバコです。その甘い香りから若い女子に人気急上昇中です。またニコチンの強さも多彩なので、強いタバコが苦手でも吸えます。
・アメリカンスピリッツ 480円
燃焼促進剤が添加されていないため長時間楽しめると人気のオーガニックタバコです。素朴な本来のタバコの味が味わえると好評です。
・アークロイヤル 440円
紅茶やチョコレート、コーヒー、アップルミント、ワインなど、タバコには珍しいフレーバーが楽しめるタバコです。

歯の黄ばみは出てしまう

以上5つのタバコは、女性向けのタバコです。中にはタバコらしからぬフレーバーもあり、臭いを気にする方には良いのではないでしょうか。 しかしいくら甘い香りがするタバコでも、吸い続ければ確実に歯は黄ばんでいきます。そのため日頃からのケアや、定期的な歯医者でのホワイトニングなどを行わなければなりません。

女性喫煙者の過半数は禁煙したいとの意向

増え続ける女性喫煙者に向け、おすすめのタバコを紹介しましたが、女性喫煙者の過半数は禁煙したいと考えているとの事です。 特に30~40代の女性では喫煙することで老化スピードが速くなったり、健康に異常が見つかったりといった場合に禁煙のきっかけになるようです。

タバコ臭のケアは大変。電子タバコで好印象に。

そんな中、電子タバコVapeは女性にとって最適です。
電子タバコにはニコチンを含まないリキッドもありますし、ニコチンが含まれているリキッドであっても、タールは発生しません。そのため髪の毛や洋服に嫌な臭いがつくこともありません。また歯が黄色くなったり、口臭が強くなったりするのもタールが原因なので、電子タバコであれば防ぐことができます。
もちろん周囲の人たちに対しても、臭いを気にする必要はなくなります。
従来のたばこのように、口臭予防のためにと1本吸うごとに歯磨きをし、臭いを消すためにエチケットスプレーを一噴きといった煩わしさもなくなります。
そういった意味では、まさに女性喫煙者のための電子タバコといってもいいのではないでしょうか。
また逆に、甘い香りの電子タバコリキッドを使用すれば、いい香りを楽しみながら、ストレスを解消することも可能となります。

女性喫煙者の禁煙の手助けに

電子タバコは禁煙を目指している女性喫煙者の手助けにもなります。 タバコ依存度が高いと言われる女性にとって、いきなり完全禁煙することは困難かもしれません。
しかし電子タバコであれば、通常のタバコと併用して使用していき、徐々に電子タバコの割合を増やしていくことで無理なく禁煙が可能となります。
電子タバコは水蒸気が発生するので、本物のタバコのような臨場感を味わうことができ、満足感が得られるため、禁煙への近道となります。
また当社の扱う英国Liberty Flights社(リバティフライツ社)の電子タバコリキッドは様々な味があり、フルーツなどの甘い味もあるためお好みに合わせて楽しめることも、禁煙を継続していくうえで重要なポイントとなります。

ファッション感覚での利用も

電子タバコVapeは女性ユーザーも増えていることから、コンパクトなものや、ピンクやパールホワイトなど女性が持つのにちょうどよいタイプも多く発売されています。
また、クリアロマイザーやバッテリーなどのパーツにも様々なカラーがあり、自分の好きなものに変えることで、アクセサリーのように楽しむことも可能です。
中には自分好みに合わせてスワロフスキーで装飾したり、ネックストラップを付けて持ち歩いたりする女性も増えています。
最近は女性が入りやすい実店舗も出来始めているので、ショップスタッフと会話を楽しみながらVapeを購入するという環境が出来つつあります。
このように女性にも人気になっているVape。今後はVapeをうまく使って、喫煙女子を卒業する人が増えてくるのではないでしょうか。