1. 電子タバコ・VAPEの通販
  2. 電子タバコ・VAPE(ベイプ)のコラム一覧
  3. アメリカ食品医薬局(FDA)がニコチン含有量削減を提案

【電子タバコを知る】アメリカ食品医薬局(FDA)がニコチン含有量削減を提案

タバコのニコチン含有量低減を義務化を提案

タバコのニコチン含有量低減を義務化を提案

中毒性のないレベルまでタバコのニコチン含有量低減

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、中毒性のないレベルまでタバコのニコチン含有量低減を義務化する規制を提案した。  またヨーロッパの規制当局もニコチン含有量につき同じような行動を起こすのではないか予想されている。 通常のタバコに比較して、ニコチンゼロのものもあり、健康被害が少ない可能性があると考えられている電子タバコへ、需要が大きく動く可能性がでてきた。

一般のタバコから電子タバコへの転換が進む政策

この提案が実際に施行されるにはさまざまな協議などの過程をふみ、 時間はかかりそうであるが、一般のタバコから電子タバコへの転換が進む、政策となりそうだ。 このニュースを受け、加熱式タバコ アイコス(IQOS)を取扱うフィリップ・モリス・インターナショナル、 同じく加熱式タバコ グロー(glo)を扱う、ブリティッシュ・アメリカン・タバコなどの株価にも悪影響がでているようだ。 日本で加熱式タバコ プルームテック(Ploom TECH)を扱うJTにも今後何らかの影響がでてくることは考えられる。

伸びている加熱式タバコ需要

電子タバコ、VAPEにとっては追い風となり、今後飛躍的に市場が伸び、シェアが大きくなっていく可能性が高まっている。 都内でも店舗を見かけることが増えてきたVAPE産業だが、さらに追い風となりそうだ。