【電子タバコを知る】アイコス(IQOS)は高濃度で発がん性物質を排出?

アイコス(IQOS)に高濃度発がん性物質が含まれている可能性。しかもタバコよりも多い?

アイコス有害物質

先日、IQOSに関して紙タバコよりも有害物質が含まれているとの報告をスイス・ベルン大学の研究者たちが発表しました。 直接的にガンになる人体に有害な物質が含まれているものもあるというのだからIQOSユーザーは驚きだろう。 さらに副流煙にも発がん性物質が含まれているとのこと。 禁煙場所でも加熱式タバコなら許可しているカフェなども存在する為、今後の問題として取り上げられそうです。 日本がどのように扱うかはまだこれからとなるでしょう。 今後の動向に注目したいところです。

最近では、日本でもよく目にするフィリップモリスのアイコス(IQOS)

短いタバコのようなものをホルダーにセットして火を使わず、プレートを温めてタバコの葉から煙を吸うタイプの加熱式タバコです。 「タバコを加熱する新しい手法」で、タバコに近い満足感もあるので、日本では急速に広まりつつあります。 煙が少なく灰も出さずに、臭いと有害物質をカットしているという禁煙したいけどやめられない方に人気があり、 オークション、転売サイトで高値が付くほどの人気です。

アイコス(ICOS)を開発したフィリップモリス社の見解。

フィリップ・モリスは、アイコス(IQOS)は火を使わず、燃えないため、煙をを出すことがなく副流煙も出ないことを大々的に 公表しています。今回の結果を踏まえてもその意思は変わっていません。 しかし、プレートでも煙が出る成分は含まれております。 タバコの場合の有害な成分は、不完全燃焼(熱分解)および熱によるタバコ分解(熱分解)である。 今回の研究をした教授はアイコス(IQOS)の有害物質については、不明点も多くあり、正式な評価がわかるまで は使用を控えたほうがいいとしている。

はっきりとした評価はまだ下されていない

アイコス(IQOS)は害や、タバコの煙、副流煙を減らした製品開発をしている中で タバコよりも悪い成分になることはないと思うのですが、 紙巻タバコの成分は200種類以上の有害物質と、発がん性物質は50種類。 その中の1種類がタバコよりも多いということはあり得る話かもしれません。

VAPE電子タバコはタバコの葉を使っていない。

VAPEリキッドは、タバコの葉を使わずに食品添加物や医療品グレードの成分です。 それでも一昔前では、VAPEも有害という記事はいくつかありました。 最近はあまり見かけなくなりましたが。 このアイコスの記事も一部分を切り取って、話を大きくした記事のような感じがあります。 自分自身でニュースをうのみにせずに、しっかりと判断が必要な時代かもしれません。

関連記事
・会社の分煙室でVAPE
・電子タバコで禁煙成功(40代男性)
・ニコチンなしのVAPEで禁煙
・ガン研究者と元ガン患者が電子タバコショップを開設
・ヤニ、タール等有害物質について
・日経新聞記事「電子たばこ、健康被害低い」