VAPEとは?

VAPEとは電子タバコそのものや、それを取り巻くカルチャー・行為の総称です。

欧米を中心に世界で急激に広まるVAPE市場

VAPEとは電子タバコそのものや、それを取り巻くカルチャー、行為等を総称して使われています。

現在、そのVAPEの市場が急速に拡大しています。あの米金融大手ゴールドマン・サックスが、将来成長の可能性がある「8つの創造的破壊」分野の一つとしてVAPEを掲げたほどです。

女性写真

実際に現在VAPE市場はおよそ約35億ドル、日本円にすると約4,300億円超えの市場規模となっております。
さらに市場は2017年までには1兆円を超す産業になると予想され、欧州を中心に急激に成長しています。

フィリップモリス社、日本たばこ産業も参入。

電子タバコ写真

電子タバコが市場に現れた当初は中小企業の製品が市場のほとんどを占め、それらの多くが中国製でした。

しかし、今では世界首位の「マールボロ」を販売するフィリップモリス社が参入を表明し、さらに日本たばこ産業も参入し英国のVAPE会社を買収しました。

日本においてもVAPEは今後急拡大する可能性を大いに秘めています。

最近では、ハリウッドスターなどの海外セレブたちの中でもVAPEの愛好者が増えています。その姿がテレビや雑誌などのメディアにも報じられると、ファッションアイテムとして認知されるようになってきました。

禁煙スペースでもVAPE(電子タバコ)はO.K?

日本よりも喫煙に対して厳しい欧米でもVAPEを吸う行為は容認され始めています。禁煙スペースでもVAPEなら気軽に吸えるところも増えてきています。

最近ではイギリスやニューヨークを始め世界各地でVAPE専門のバーやカフェが続々とオープンしており、VAPEの人気の高さが伺えます。

従来のタバコよりも健康負担がずっと少なく、値段も安価、さらに周りの非喫煙者への副流煙の心配もほとんど無く、見た目にもスマート。そんなVAPEは日本でも注目度が上がってきています。

VAPEのニコチン入りリキッドは安全!イギリス保健省が正式に発表。

リキッドラインナップ写真

紙巻きたばこに比べVAPEのニコチン入りリキッドは約95%も健康被害が低いという報告書をイギリス保健省が正式に発表しました。


一部の粗悪な製品による風評被害もあり、今まではVAPE用リキッドの有害無害については様々な憶測が飛び交っており、どの情報が正しいのか判別がつきにくい状態でした。

しかし、今回のイギリスの保健省の発表では、喫煙関連の病気を引き起こす化学物質の大半が含まれていないためというれっきとした根拠が示されました。

有害性は喫煙のごくわずか

女性写真

VAPEをめぐっては、過去に発がん性物質が含まれるという一部の報告があったりしたため、規制の動きを見せている自治体などがあるのも事実です。


しかし、イギリスの保健省は「リスクが完全にないわけではないが、有害性は喫煙のごくわずか」(ケビン・フェントン教授)なため、分煙・禁煙支援の有効的なツールになり得ると指摘しており、規制とは逆の考え方を示しました。

また、VAPEは受動喫煙の被害も小さいため、「未成年の喫煙のきっかけになっているのでは?」という一部の意見には明確な証拠がないとし、今後更にVAPEに関する研究を進める必要性があるとしました。

オーガニック認証のものを使用したベジタブルグリセリン

農地写真

Eリキッドにはベジタブルグリセリン(VG:vegetable glycerin、植物性グリセリン)をベースに調合されているものがあり、使用されているベジタブルグリセリンは大多数のメーカーがオーガニック認証のものを使っています。これはオーガニック系のアロマにも含まれている成分で、アロマが好きな人などは普通に摂取している成分です。

安全なプロピレン・グリコール

また、プロピレン・グリコール(PG:propylene glycol)という成分をベースにしているEリキッドもあり、このプロピレン・グリコールが有害性のあるジエチレン・グリコールと混同されてしまっています。

プロピレン・グリコールは過剰摂取しなければ大きな問題はなく、安全と呼ぶことのできる成分です。正しい知識を持っていればこれが人体に悪影響を及ぼすことはないということが分かります。

使用されている香料は市販のソフトドリンクや食品に含まれる安全なもの

リキッドには香(味)料(flavoring)も含まれていますが、これは普通に市販されているソフトドリンクや多くの食品に含まれている成分であり、摂取しても問題ありません。

但し、一部の販売店やメーカーでは粗悪な成分を含んだリキッドを販売しているというのも事実であり、そのような商品を買わない為にも、 安全性を見極めて正規ルートで商品を買うことをお勧めします。

Vapeカルチャーに関するニュース