VAPE(ベイプ)とは?

VAPE(ベイプ)とは電子タバコそのものや、それを取り巻くカルチャー・行為の総称です。

欧米を中心に世界で急激に広まるVAPE(ベイプ)市場

VAPE(ベイプ)とは電子タバコそのものや、それを取り巻くカルチャー、行為等を総称して使われています。

現在、そのVAPE(ベイプ)の市場が急速に拡大しています。あの米金融大手ゴールドマン・サックスが、将来成長の可能性がある「8つの創造的破壊」分野の一つとしてVAPE(ベイプ)を掲げたほどです。

女性写真

実際に現在VAPE(ベイプ)市場はおよそ約35億ドル、日本円にすると約4,300億円超えの市場規模となっております。
さらに市場は2017年までには1兆円を超す産業になると予想され、欧州を中心に急激に成長しています。

フィリップモリス社、日本たばこ産業も参入。

電子タバコ写真

電子タバコ(ベイプ)が市場に現れた当初は中小企業の製品が市場のほとんどを占め、それらの多くが中国製でした。

しかし、今では世界首位の「マールボロ」を販売するフィリップモリス社が参入を表明し、さらに日本たばこ産業も参入し英国のVAPE(ベイプ)会社を買収しました。

日本においてもVAPE(ベイプ)は今後急拡大する可能性を大いに秘めています。

最近では、ハリウッドスターなどの海外セレブたちの中でもVAP(ベイプ)Eの愛好者が増えています。その姿がテレビや雑誌などのメディアにも報じられると、ファッションアイテムとして認知されるようになってきました。

禁煙スペースでもVAPE(電子タバコ)はO.K?

日本よりも喫煙に対して厳しい欧米でもVAPE(ベイプ)を吸う行為は容認され始めています。禁煙スペースでもVAPE(ベイプ)なら気軽に吸えるところも増えてきています。

最近ではイギリスやニューヨークを始め世界各地でVAPE(ベイプ)専門のバーやカフェが続々とオープンしており、VAPE(ベイプ)の人気の高さが伺えます。

従来のタバコよりも健康負担がずっと少なく、値段も安価、さらに周りの非喫煙者への副流煙の心配もほとんど無く、見た目にもスマート。そんなVAPE(ベイプ)は日本でも注目度が上がってきています。

VAPE(ベイプ)のニコチン入りリキッドは安全!イギリス保健省が正式に発表。

リキッドラインナップ写真

紙巻きたばこに比べVAPE(ベイプ)のニコチン入りリキッドは約95%も健康被害が低いという報告書をイギリス保健省が正式に発表しました。


一部の粗悪な製品による風評被害もあり、今まではVAPE(ベイプ)用リキッドの有害無害については様々な憶測が飛び交っており、どの情報が正しいのか判別がつきにくい状態でした。

しかし、今回のイギリスの保健省の発表では、喫煙関連の病気を引き起こす化学物質の大半が含まれていないためというれっきとした根拠が示されました。

有害性は喫煙のごくわずか

女性写真

VAPE(ベイプ)をめぐっては、過去に発がん性物質が含まれるという一部の報告があったりしたため、規制の動きを見せている自治体などがあるのも事実です。

しかし、イギリスの保健省は「リスクが完全にないわけではないが、有害性は喫煙のごくわずか」(ケビン・フェントン教授)なため、分煙・禁煙支援の有効的なツールになり得ると指摘しており、規制とは逆の考え方を示しました。

また、VAPE(ベイプ)は受動喫煙の被害も小さいため、「未成年の喫煙のきっかけになっているのでは?」という一部の意見には明確な証拠がないとし、今後更にVAPE(ベイプ)に関する研究を進める必要性があるとしました。

オーガニック認証のものを使用したベジタブルグリセリン

農地写真

Eリキッドにはベジタブルグリセリン(VG:vegetable glycerin、植物性グリセリン)をベースに調合されているものがあり、使用されているベジタブルグリセリンは大多数のメーカーがオーガニック認証のものを使っています。これはオーガニック系のアロマにも含まれている成分で、アロマが好きな人などは普通に摂取している成分です。

安全なプロピレン・グリコール

また、プロピレン・グリコール(PG:propylene glycol)という成分をベースにしているEリキッドもあり、このプロピレン・グリコールが有害性のあるジエチレン・グリコールと混同されてしまっています。

プロピレン・グリコールは過剰摂取しなければ大きな問題はなく、安全と呼ぶことのできる成分です。正しい知識を持っていればこれが人体に悪影響を及ぼすことはないということが分かります。

使用されている香料は市販のソフトドリンクや食品に含まれる安全なもの

リキッドには香(味)料(flavoring)も含まれていますが、これは普通に市販されているソフトドリンクや多くの食品に含まれている成分であり、摂取しても問題ありません。

但し、一部の販売店やメーカーでは粗悪な成分を含んだリキッドを販売しているというのも事実であり、そのような商品を買わない為にも、 安全性を見極めて正規ルートで商品を買うことをお勧めします。

ベイプ『VAPE』、ベイピング『VAPING』とは?

電子タバコでリキッドを熱し、発生した蒸気を吸ったり吐いたりすることをVAPE(ベイプ)やVAPING(ベイピング)といいます。従来のタバコは葉を燃やした煙が発生するためスモーク『SMOKE』やスモーキング『SMOKING』と言われていましたが、電子タバコから発生するものは煙ではなく、蒸気であるため、VAPE(ベイプ)やVAPING(ベイピング)といいます。
『オックスフォード英語大辞典』で知られる英オックスフォード大学出版局がイギリス時間の2014年11月18日に『VAPE(ベイプ)』を「今年の言葉」に選出したことからも、一気に市民権を得たことが判ります。

欧米で『VAPE』が流行っているわけ

健康へのメリット
百害あって一利なし、と言われる従来のタバコですが、煙に含まれる有害物質の中で、発がん性を高めると言われている元凶がタールです。
また、喫煙により一酸化炭素が豊富に体内に作られることも、動脈硬化を促進するなど重大な健康被害を引き起こす一因と言われています。
それらタール、一酸化炭素を含まず、従来のタバコから得られるのと同様の満足感を体験できる画期的な商品です。
事実、電子タバコを使い、禁煙、減煙に成功された方が大勢いらっしゃいます。
電子タバコの経済性
従来のたばこの価格にはたばこ税、地方たばこ税、たばこ特別税、消費税と合わせて約65%の税金が含まれています。電子タバコに変える事によりこれらの負担がかからず大幅なコストダウンが可能です。日々のたばこ代も1か月、1年と考えたらバカになりません。
従来のたばこ臭が全く無い
電子タバコリキッドにはタールが含まれていないため、タバコ独特の嫌なにおいが髪の毛や服に付くことはありません。
もちろん部屋や車内に黄ばみ汚れが付くことはありません。
周りに迷惑をかけない
 電子タバコでは副流煙は発生しません。 たばこ臭もありません。
従来のたばこの煙は、喫煙者の口を通して吸い込まれるものを主流煙と呼び、先端の点火部分から立ち上る煙を副流煙と呼びます。
副流煙はフィルターを通っていないため有害成分の濃度が高くなります。 ニコチンやタールで数倍、アンモニアに至っては数十倍にもなるといわれています。
吸い殻や灰が発生しない
電子タバコは、当然ながら従来のタバコのように吸い殻や灰が発生しません。
電子タバコによるVAPEは大変スマートでクリーンといえます。
ファッショナブル
従来のタバコとは違い、アトマイザーの色やバッテリーを自分流にカスタマイズすることで、電子タバコをアクセサリーとして楽しんでいる方が増えています。
セレブや歌手、俳優が利用したことで世界的な人気に火がついたとされるVAPEですが、クラブカルチャーとの親和性が高く、ファッションとして受け入れられている点が特徴です。女性の間でも電子タバコの愛用者が拡がってきております。

Vape(ベイプ)カルチャーに関するニュース