電子タバコ情報

自動車の運転時の使用について


灰こぼれ、やけど、車内の臭い。トラブルだらけのドライブ喫煙。

ドライブ中、交通渋滞にイライラしてタバコをたて続けに吸ってしまうことはよくあります。
車内の小さい灰皿ではすぐにいっぱいになってしまい、灰がこぼれて車内に落ちてしまうと、掃除が大変です。吸殻を捨てる時は、よく消火されているかを確かめないと、くすぶった火から発火するということだってありえます。

運転中にライターでタバコに火をつけて一服。よくあるシーンですが、これも危ない状況です。
前方を見て運転しながらも、灰皿をあけ、タバコを吸った後に灰をこぼさないように灰皿にいれます。手元がくるってしまうと、灰をこぼしたり、最悪のケースでは先端の火がマットやシートに落ちてしまったり、タバコごと落としてしまうこともあります。
運転中に視線を移し、落ちたタバコを探すことなど、大変危険な行為です。とは言え、すぐに駐停車できる場所でなければ、余所に引火する危険性もでてきます。
筆者も、こんなことで「ヒヤッ」としたことは何度か経験してきました。大事には至らなかったのが幸いでした。

電子タバコなら、クリーンで快適なドライブに。

電子タバコならそんなことは起こりません。電子タバコは水蒸気を吸引するものなので、灰が出ず、車内が汚れないし、灰皿がいっぱいになってしまうこともありません。
誤って落としてしまっても、引火することはないので安心して運転を継続できます。安全な場所で停止して電子タバコを拾えばよいだけです。

また、電子タバコなら、車内にヤニの臭いがつきません。電子タバコリキッドは、ニコチン0mg相当のものはもちろん、ニコチン入りのリキッドであっても、ヤニ臭の原因となるタールは含まれておりません。よって、ヤニの嫌な臭いが車内やカーエアコンなどについて、乗車する人に嫌がられることもありません。
逆に、いい香りの電子タバコリキッドを使用すれば、車内にもその香りがただよいます。
一度車内でタバコを吸ってしまうとその臭いは残り、そう簡単に消えることはありません。特に新車購入時は、相当なヘビースモーカーの方でも、車内はしばらくは禁煙なんて方がいらしゃいます。

電子タバコなら、車内で吸っても嫌な臭いはつかず、運転中に電子タバコを落としてしまっても安全に運転を続けられるので、おすすめです。

関連記事
・電子タバコの爆発について
・電子タバコとJT
・ニコチン入り電子タバコ販売