電子タバコ情報

たばこ代がどれくらい節約できる?


従来のタバコを1箱吸う方は、1日410円かかり、月間で約12,300円の出費となります。
弊社が扱うリバティーフライツ社製の電子タバコリキッドは、1ボトル10mlでタバコ約7箱分に相当し、毎月約4,000円強のコストですみます。
1年で従来のタバコ代が約147,600円を出費すると考えると、弊社が扱う英国製電子タバコリキッドは年間約5万円程度なので1年間で約10万円も節約できます。

電子タバコは喫煙者にとって節約につながる

1年で従来のタバコ代が約147,600円を出費すると考えると、弊社が扱う英国製電子タバコリキッドは年間約5万円程度なので1年間で約10万円も節約できます。  電子タバコのクリアロマイザーも消耗品となるため適度に交換しなければなりません。バッテリーに関しても状態良く使っていただければ、1年程度はもちますが、交換しなければなりません。 それでも従来のタバコを1年間購入するのと比較すると、使われ方によって前後しますが、大幅な節約になると言えます。 電子たばこのスターターキットに対する初期費用が多少高く感じられたとしても、年間を通して計算されるとかなり節約できると言えます。
家で従来のたばこを吸われる方でしたら、黄ばんだ部屋を掃除するために時間と費用がかかります。 従来のたばこは火を使いますので、畳や絨毯がたばこによって穴があいてしまった(タバコの焼け跡がついてしまった)方もおられるかと思います。 喫煙ルームや喫煙場所や自宅で喫煙されると髪の毛や洋服に臭いがついてしまいエチケットスプレーや洗濯などに費用をかける方もおります。
従来のたばこを車内で吸われる方は、座席などにタバコ焼け跡がついたりして修理費用をかけたり、タバコの臭いを消すために消臭スプレーを使ったり、エアコンフィルターの定期的交換をしたり、 拭き掃除をしたり、フロアマットを洗ったり、重曹や炭を使ってみたり、時間と費用をかけられた方もいるかと思います。 従来のたばこが原因で健康を害されてしまう場合も時間と費用がかかることにつながります。

電子タバコは、従来のタバコと比べ、より健康的と言われ欧米では人気があります。

また火を使わないので、従来のたばこにみられる火災の心配はありません。 臭いに対しても電子タバコは煙ではなく、水蒸気を吸引するものなので、タールは発生せず、フレーバーのにおいしかしません。健康、火、臭いに対してはタバコ代以外にかかる費用が多くあります。 従来のタバコ代と比べ、リバティーフライツ社製の電子タバコはリキッドがイギリス製ということもあり信頼がおけ、節約したい方には最適な商品と言えます。

関連記事
・海外の電子タバコ事情
・電子タバコの経済性について
・課税をめぐる議論