電子タバコ情報

ペットを飼われている方に ペットへの影響は?


ペットオーナーの間で、口コミで広まる電子タバコ。ベランダ喫煙から室内へ。

近年、犬や猫等のペットを飼う方が増加しています。現在では、子供の数よりもペットの飼育頭数の方が多くなっております。それにともない、ペットの健康に気を配ったペットフードや、様々なペット商品が販売されるようになりました
喫煙者の方は、ご家族のため、さらにはペットの健康のためにと、ベランダや家の外へ出て喫煙される方も多いようです。
電子タバコは通常のタバコと異なり、煙は水蒸気で、有害なニコチンやダイオキシンを含みません。家の中で電子タバコを吸っても副流煙は発生せず、ペットの健康被害を気にせず生活ができます。

電子タバコで”うっかり”事故を防止。

電子タバコは吸い殻が出ないため、ペットたちが誤って吸殻を口に入れてしまうようなこともありません。まだ火のくすぶっている灰皿をひっくり返してしまい、一大事につながることもありません。そんな理由から、ペットを飼っている喫煙者の中では、電子タバコが口コミで流行ってきているようです。

冬のさむーい屋外喫煙を解消!ペットとともに快適な生活へ。

屋外喫煙者の冬の悩み。1本タバコを吸いに行くのにわざわざ上着を着て、防寒体制で家の外で喫煙。道行く人にも見られ、寒さに震えながらの喫煙ではほっと一服なんかできません。それを毎晩、数回と繰り返しているのも非常に疲れます。
試しにニコチン入り電子タバコに変えてみたら、タバコを吸っているのと同じような感覚で、副流煙の心配はなし。まわりに迷惑がられることもなく、冬でも室内で安心して電子たばこを吸うことが可能となります。

また、心ない人が道端に捨てた吸殻を、散歩時に犬が口に入れそうになり、ヒヤッとくることがありますが、喫煙者が電子タバコに変えてくれていれば、そういった危ない状況もなくなっていきます。そう考えると、電子タバコはペットにとっても最高のものかもしれません。
喫煙者の方が通常のタバコから電子タバコに変えることは、「煙い、臭い」などと言葉にできない、愛するペットたちには、最高の心遣いなるのかもしれません。

関連記事
・タバコよりおしゃれなアイテム
・最もメリットがあるのは女性?
・ヤニ、タール等有害物質について