電子タバコ情報

電子タバコの経済性について


電子タバコの価格は非常に幅広く、1000円、2000円程度のものから、30,000円を超える高価なものまで様々です。 
業界で第一ジェネレーションと言われているディスポーザブルや、使い捨てで実際のタバコの大きさに近いタイプのものは比較的安価で、アラブの水タバコを連想させるような大きいものは、かなり高価な価格帯で販売されています。

電子タバコ、電子タバコリキッド等の製造国によっても、価格は変動します。中国製の電子タバコリキッドなどはかなり安くなっている一方、米国や欧州産の電子タバコリキッドは、それぞれの国の厳しい基準をクリアして製造されており、安全性において信頼性が高い分、価格も高くなっているようです。

一日にタバコを1箱吸う人なら、年間8~9万円のコストダウンに。

リバティフライツのスターターキットは、リキッドなしで6,000円~7,600円です。電子タバコリキッドは、1ボトル10ml(約1,000円)でタバコ約7箱分の吸引ができます。

一日に400円のタバコを1箱吸う人の場合、月に約12,000円、年間で約144,000円かかります。これを、電子タバコリキッドで考えると、年間約5~6万円程度のコストですみます。
クリアロマイザーなどは適度に交換しなければなりませんが、それでも実際のタバコを購入するのと比較し、大分コストダウンになります。

関連記事
・タバコよりおしゃれなアイテム
・たばこ代がどれくらい節約できる?
・ヤニ、タール等有害物質について