電子タバコ情報

海外の電子タバコ事情


ヨーロッパやアメリカでは電子タバコが大人気!その理由は?

欧州や米国などの海外ではいち早く電子タバコが大人気に。
健康志向からの減煙、禁煙のグッズとして、また値上るタバコに対して割安になるからか、ここ数年で電子タバコがブレークしはじめています。その市場規模は既に30億ドルを超えているようで、急速に拡大しており、2017年までには約100億ドル、2047年には既存タバコ市場を上回るという予測まであるようです。

欧米ではネット販売のみならず、実店舗をもって電子タバコや電子タバコリキッドを販売しているところが多く、その取扱店舗数も年々増加しています。英国では、街でスモークではなく、ベイプ(水蒸気を吸う)している人たちを頻繁に見かけるぐらいです。

しかしながら一方で、世界保健機関(WHO)は、若者の健康に深刻な影響をあたえるとの報告を発表しています。
電子タバコの歴史はまだまだ浅いので、長期に渡る検査結果などのデータが整っていませんから、確かになんとも言えない部分は残るのでしょうが、従来のタバコと比較した場合、それほど危険であるとは考えにくいという意見もあるようです。(※)

世界各国において、健康の問題からか、コストの問題からか、従来のタバコの販売が徐々に減少しており、海外のタバコ大手企業は電子タバコ市場にこぞって参入しているようです。まるで将来のシェアの取り合いを行っているようにも思えます。
日本でも、日本たばこ産業(JT)子会社のJTインタ-ナショナル(JT International)が、2014年6月に英国電子タバコブランド「E-LITE」を買収して電子タバコ市場参入の足がかりを得ているようです。日本の市場ではまだまだ電子タバコの認知度は低く、愛用している方も少ないようですが、欧米を中心とした海外での流行を考えると、やがて日本でも電子タバコが流行することが十分に考えられます。
基本的に節約や禁煙、減煙志向(成功するかは別としても)が多い日本人にとっては、電子タバコはまさにもってこいの商品かもしれません。


※何れにいたしましても、当社では20歳未満の方への電子タバコの販売は行っておりません。

関連記事
・どれが良いか迷われている方に
・たばこ代がどれくらい節約できる?
・ヤニ、タール等有害物質について