1. 電子タバコの通販
  2. 【特集】電子タバコ JT

電子タバコ情報

電子タバコとJT。JTも電子タバコに注目!?


新しい製品、新しい市場へ

JTは2013年12月に、まったく新しいスタイルでタバコを楽しめる画期的な製品として「プルーム」を発売しました。
「プルーム」はたばこ葉が詰まった専用のタバコポッドを、火を使わずに、電気で加熱することで、たばこの味、香りを楽しむたばこ用具です。電子タバコとは異なり、「電気加熱型たばこ用具」となるようです。
また日本たばこ産業(Japan Tobacco,JT)の子会社である「JTインターナショナル(JT International、JTI)は、2014年6月に英国の電子タバコ業界の「E-lites」ブランドで知られる Zandera ltdの全発行済株式を取得しました。
成長著しい電子タバコ領域へ参入したり、プルーム等の新しい製品カテゴリーに加わったりと、従来のたばこだけではなく幅広い製品を扱うようになってきています。
電子タバコの日本での販売は、現状では行わないのではないかと思いますが、この成長市場には目をつけているのだと思われます。 米国、英国等のたばこ産業の大手がこぞって、電子タバコ市場に参入しており、JTもそれに追随するかたちで進出しているようです。

WHO(世界保健機構)の発言に代表されるように、健康面への影響などについていろいろと問題視され、電子タバコについて批判的な意見もあるようです。しかし、実際のたばこを長年取扱ってきた、たばこ産業を代表するような各国の大手企業が電子タバコ市場にこぞって参入してきていることを考えると、それほど問題視される程のことはないのかもしれないと思います。もし、電子タバコに深刻な問題があるのだとしたら、そう簡単にたばこ業界のビッグネームがこぞって進出してくるとは考えられません。

昨今の喫煙者の減少傾向から、新しい製品、新しい市場を求めて大手も動いています。それほど、電子タバコは魅力のある製品のひとつなのかもしれません。

関連記事
・電子タバコの安全性について
・最もメリットがあるのは女性?
・どれが良いか迷われている方に